ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

写ルンです LIFE

  • PRODUCTPRODUCT
    • ごあいさつごあいさつ
    • ヒストリーヒストリー
    • プレミアムキットプレミアムキット
    • オリジナル写ルンですオリジナル写ルンです
  • SPECIALSPECIAL
    • JOURNALJOURNAL
    • INTERVIEWINTERVIEW
  • HOME

 安田レイ(シンガー / モデル)「写ルンです」をバッグにしまうとき、なにかが始まる予感がする 安田レイ(シンガー / モデル)

共有した「時間」を、
このカメラに

写真を撮るようになったのは?

写真はすごく好きで昔からよく撮っていました。小学校6年生から、かな?そのときから「写真ってなにかあるな」って。その瞬間にしか写せない景色や人の表情を残せるのは、写真だけ。動画とはまた違う。写真が持っているパワーを感じていました。

日頃から写ルンですを使われているそうですね。

小さい頃からほんとうにお世話になっています。今は携帯やデジカメで、いっぱい撮ったり、いっぱい消したり、いっぱい編集できたりする時代。でも、写ルンですで撮ることができるのは、1ロール。この限られた枚数の中で「あぁ、あと15枚だ。なに写そうかな」って必然的に考えます。1枚1枚に重みが感じられる。モノを大事にしようという気持ちや、その瞬間瞬間を大切に生きていこうと思える写ルンですは、いろんなことを考えさせてくれるなぁと思いますね。

写ルンですで撮りたくなるのは、どんなときですか?

誰かと過ごしているとき。一緒に見た、その景色を撮ります。景色を写すことによって、その人との思い出が写真にそのまま残るんです。あえて、風景を撮ることが多いかもしれませんね。

ストレートにその人を写すのではなく、「景色」を撮る。間接的で、素敵な思い出の残し方ですね。

友達でも、恋人でも、家族でも。「大切な人と一緒に、この時間を共有したんだ」というメモリーを、このカメラに残したいと思いますね。

ちなみに、ファインダーをのぞいて撮るタイプですか?ノーファインダーで撮る人も多いですが。

のぞきます!のぞかない人もいるんですか?プロですね~!この、見るという動作が楽しくないですか?「どんな風に写るかな?」って、ファインダーから見渡すのがすごく好きなんです。なので、シャッターを押すときはぜったいのぞきます。

あのときの自分を、もう1度

撮った写真はどうしていますか?

BOXに入れています。写真を入れるBOOKもあるんですけど、撮るペースが早いので追いつかなくて……。とにかくバーっと入っているので、整理しないといけないなって思っています(笑)。

BOXやBOOKという呼び方、かっこいいですね!ご出身がアメリカというだけあって……。

そうですかね!(笑)BOXにはいろんな写真がまざって入っているんです。「あぁ~!こんなところ行ったな~!」ってたまに見返してみたりして。すると、いい思い出だけじゃなくて悪い思い出も蘇って、さまざまな感情が息を吹き返す。思い出す作業って、いいですよね。そのときの自分をもう1度感じることができるから。

安田さんにとって、写ルンですはどんな存在なのでしょうか?

私にとって、なんだろうなぁ。いろんなワクワクを思い出します。遠足の用意をしていて、写ルンですをバッグにしまい込む瞬間だったりとか、家族とよく奥多摩に出掛けたこととか。一緒にいろんな場所へ行っていたので、写ルンですがまとっているのは楽しいフレーバーの記憶。

写ルンですは、「楽しい」のシンボルなんですね。

そうですね。このカメラを見ると、これからワクワクやドキドキが起きる予感がするんです。なにか楽しいことが始まる前の、高揚した気持ちになります。

「きみのうた」のMVは、写ルンですで紡がれる物語

5月24日リリースのシングル「きみのうた」。ミュージックビデオでは、写ルンですがキーアイテムになっていますね。

事故でなくなった彼が写ルンですを手に、彼女の元へ戻ってくるんです。1ロール使い切ったら、再び彼はいなくなってしまうという、「別れ」がテーマになっているストーリーになっています。

切ない物語ですね。

写ルンですを使うことで、2人の間に再び別れが訪れる。そうなると、撮りたくないとためらうのが人間。でも、彼女は前に進んで行くツールとしてカメラを使っています。思い出を大切にしていこうという感情や彼に対する感謝の気持ち。もちろん、そういった意味も含んでいますが、「もう彼はいないんだ」という事実を受け入れるために、前に進んでいくために、写真を撮りためていっています。

彼女がラスト1枚を撮り切るシーンは、特に印象的ですね。

最後の写真を撮ったことによって、彼女は前向きな1歩を踏み出せたんです。これから新たな日々が始まるんだ、って。2人で撮ったはずの写真に彼は写っていない。でも、彼女の心のフィルターには彼が写っています。普段の生活の中で写真を見て「あぁ、いつも見守ってくれてありがとう」って、そんな風に思えたりするんじゃないかな。別れの曲ではありますが、苦しさだけでなく、その先の光が表現できているんじゃないかと思います。

「きみのうた」は、ご自身の別れの経験をもとに作られたそうですが。

歌詞を書いていて、苦しい瞬間はたくさんありました。どの別れも形は違えど、傷つくというのは変わらないですし、痛くて辛くて、すぐには立ち直れない。でもそんな中でも、私たちは前に進んでいかないといけないんです。思い出の場所へ行ったり、一緒に歩いて帰った道で写真を撮ってみたり。別れた直後はどれも勇気のいることなんですけど、時間を少し使って心の整理をつけて再び歩み出す。失ってしまった大切な人は、泣き続けている自分の姿を望んでいないはず。どこかできっと見守ってくれています。そう思うと少し柔らかい気持ちになれます。

今後の活動は?

特に楽しみにしているのは、7月2日の名古屋ブルーノートで行うライブです。普段は音数が多い迫力満点なステージが多いですが、今回はピアノ、ベース、ドラム、そして私の声というシンプルなスタイル。ちょうど次の日がデビュー4周年というアニバーサリーライブでもあるので、この日ならではのスペシャルなライブにしたいです。

ちなみに、写ルンですは7月1日生まれなんですよ。

すごい!私は7月3日にデビューしたので近いですね!写ルンですは31周年ですよね。世代を超えて、多くの人に愛されているカメラ。いつになっても、いろんな人に愛されている姿というのは憧れですよね。私も、写ルンですのような人になりたいな。目指すは、「写ルンです」ですね(笑)。

安田レイ(シンガー / モデル)

安田レイ

1993年、アメリカ・ノースカロライナ州生まれ。2013年に1stシングル『Best of my Love』で待望のデビューを果たす。アニメやドラマのテーマソングにも多数抜擢され、「第57回 輝く!日本レコード大賞」では新人賞を受賞。5月24日リリースのNEWシングル『きみのうた』は、大人気TVアニメ『夏目友人帳 陸』のエンディングテーマとして採用されている。

9th single 『きみのうた』
2017/5/24 RELEASE
通常盤:CDのみ / 通常JK仕様 1,200円(tax in.)
期間生産限定盤:CDのみ / アニメJK仕様 1,300円(tax in.)

インタビュー:2017/04/28
文:百 佐保里
写真:山田敦士(写ルンです シンプルエースで撮影)

       
※ 当サイトの画像は無断転載できません



ページトップへ戻る

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る
トップへ