写真館で写真を撮ろう!
トップ
富士営業写真コンテスト
写真スタジオを上手にご利用いただくために
写真館で撮った家族写真物語
写真館リストへのリンク
イベント情報
2010富士フイルム営業写真コンテスト 作品募集

1960年(昭和35年)にスタートした「富士フイルム営業写真コンテスト」は、全国の写真館の皆さまのおかげで今回47回目を迎えるまでにいたりました。
写真館ならではの撮影技術の高さと優れた品質を備え、お客さまに感動を与える作品のご応募をお待ちしております。

また、本年度はすべての応募作品の中から新しい表現やアプローチにチャレンジした作品を対象とした [ フロンティア賞 ] を新設しました。

営業写真需要拡大に貢献する、新しい記念写真や家族写真、写真アルバムなどの積極的なご応募もお待ちしております。
デジタル撮影による作品もふるってご応募ください。

締切り日 平成22年6月28日

募集作品部門とテーマ

行事写真

入学・成人・結婚など、人生における節目の行事に関する肖像写真をご応募ください。家族一緒の写真も含みます。

テーマ|婚礼写真の部

新郎・新婦、および婚礼に関する写真。

テーマ|入園卒園・入学卒業写真の部

入園卒園・入学卒業などに関する写真。

テーマ|成人式、七五三写真の部

成人式、七五三、十三参り、お稚児参りなど、人生の節目の行事に関する写真。


一般写真

特定の行事に関係しないポートレートやグループ写真など、「行事写真の部」以外の肖像写真をご応募ください。

テーマ|ポートレート写真の部

高校生以上の年齢で一人またはグループの写真。

テーマ|子供ポートレート写真の部

中学生以下の一人またはグループの写真。

テーマ|家族写真の部

親子、夫婦、兄弟姉妹など、二人以上の「家族の絆」を表現した写真。


写真アルバム

オリジナル商品として常時販売可能な写真アルバムをご応募ください。ただし、印刷仕上げのものは対象外とします。

テーマ|婚礼写真アルバムの部

新郎・新婦、および婚礼に関する写真で構成されたアルバムおよび写真集。

テーマ|一般写真アルバムの部

婚礼以外の写真(節目の行事・入学卒業・子供の成長・家族など)で構成されたアルバムおよび写真集。


締切り/発表

締切り 平成22年6月28日(月)/発表 平成22年10月1日(金)

発表は「スタジオ・メモ」特集号(12月発行予定)にて掲載。
※ 入賞者には直接ご通知します。


応募規定

■ 行事写真・一般写真
8×10(六切)サイズのプリント1枚写真に限ります。

■ 写真アルバム
写真のサイズおよび枚数、アルバムの形態(サイズ、ページ数など)は自由です。

各部門ともカラープリント、モノクロームプリント(セピア等含む)いずれでも、ご応募できます。
各各部門とも入賞された応募作品は返却いたしませんのでご了承ください。

応募資格

各部門とも営業写真に従事している方。
館主の方だけでなく、二世・三世、従業員の方もふるってご応募ください。

賞

■ 行事写真・一般写真

[ 金賞 ] 1名 金バッジ、賞金70万円、副賞
[ 銀賞 ] 5名 銀バッジ、賞金20万円、副賞
[ 銅賞 ] 10名 銅バッジ、賞金10万円、副賞
[ 優秀賞 ] 10名 賞金3万円、副賞
● 以上の賞はテーマにかかわらず選出します。
[ テーマ賞 ] 120名以内 副賞
● テーマごとに20名以内の作品を選出。金賞、銀賞、銅賞、優秀賞との重複入賞が可能です。
■ 写真アルバム

[ 優秀写真アルバム賞 ] 2名 記念バッジ、賞金10万円、副賞
● 婚礼・一般アルバムから、それぞれ1作品を選出。行事・一般との重複入賞が可能です。
[ フロンティア賞 ] 新設 1名 記念バッジ、賞金10万円、副賞
● 過去に金・銀・銅賞の入賞経験がない方を対象とし、すべての応募作品の中から新しい表現やアプローチにチャレンジした作品を選出します。

※ 各賞には、上記の他、賞状が授与されます。


審査/表彰・表彰式/作品展

審査

富士フイルム株式会社

表彰・表彰式

(1)  金賞、銀賞、銅賞、優秀写真アルバム賞、フロンティア賞を受賞された方は「帝国ホテル(東京)」の表彰式で表彰します。
(2)  優秀賞、テーマ賞を受賞された方は、お取引きラボを経由して表彰します。

作品展

富士フイルムフォトサロン他での展示を予定。

応募細則

応募方法について
応募プリントは銀写真プリントに限ります。
応募点数に制限はありません。一人何点でもご応募ください。
応募作品は、お客さまを有料にて撮影されたもので、商品として販売する営業写真を対象とします。
応募作品は未発表のもので、同一作品または類似作品が他のコンテストなどへの同時応募や、雑誌掲載予定のないものに限ります。
応募作品は台紙貼りをしないで、8×10(六切)1枚・アルバム1冊ごとに裏面に応募票を貼ってください。
主催、協賛会社の従業員および、その家族は応募できません。
入賞候補作品の原板は、ご通知次第ご送付願います。
なお、デジタル画像処理およびデジタルカメラなどで撮影された入賞候補作品は、データ(MO、CD-RまたはDVDなど)とLサイズ相当のサンプル出力プリントをセットでご送付ください。期日までにご送付くださらない場合は、入賞の対象になりません。
入賞候補作品は、モデルに公表の承諾をうけてください。承諾を得られない場合は、入賞の対象になりません。

入賞作品の取り扱いについて
入賞は下記の場合を除き、一人1賞とします。
※ テーマ賞は、金・銀・銅・優秀賞およびフロンティア賞1点との重複入賞が可能。
「優秀写真アルバム賞」は、行事・一般との重複入賞が可能です。
入賞作品は、ご返却いたしません。
入賞作品の基本的著作権は撮影者に帰属します。
ただし、入賞作品の展示プリントや、その他出版物、パンフレット、ポスター、インターネットなどへの使用権は、発表後2年間(平成22年10月〜平成24年9月まで)は主催者に帰属します。
使用期間終了次第原板はご返却いたします。
応募規定に違反したとき、および入賞決定後でも類似または二重応募と主催者が判断した場合には入賞を取り消すことがあります。

入賞以外の作品の取り扱いについて
入賞以外の作品は、お取り引きラボ経由ですべてご返却いたしますので応募票の記入欄には読み間違いのないよう楷書体でご記入ください。
応募票は作品1点(1冊)ごとに必ず1枚貼付してください。
ご返却は平成22年11月初旬の予定です。あらかじめご了承ください。
応募作品の取扱いには十分注意いたしますが、万一の事故に対する責任は負いかねますのでご了承ください。

主催/協賛

主催 :  富士フイルム株式会社
協賛 :  フジカラーラボグループ
富士フイルムプロ代理店グループ

送り先

お取引きラボ (お取引きラボから富士フイルム株式会社に郵送します。)
※ 直接、富士フイルム株式会社への郵送も可能です。

お問い合わせ

お問い合わせは下記、2010 富士フイルム営業写真コンテスト係 までお願いいたします。

富士フイルム株式会社 コンシューマー営業本部

■プロフェッショナル写真グループ
〒106-8620  東京都港区西麻布2-26-30
  TEL(03)5962-6380
■東日本プロポートレートチーム
〒106-8620  東京都港区西麻布2-26-30
  TEL(03)5962-6598
■西日本プロポートレートチーム
〒541-0051  大阪府大阪市中央区備後町3-5-11
  TEL(06)6205-6470

応募票

応募票は、下記のPDFファイルを印刷してご使用ください。
(応募票の内容に沿った要領で自作された用紙でも構いません。)

2010富士フイルム営業写真コンテスト 応募票 (PDF:136KB)



ページ先頭へ戻る