ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


ファームウエア変更履歴(バージョン2.01以前)

 

ファームウエア修正内容

Ver.2.01からVer.2.10への変更内容
  1. ファームウエアのバージョンアップ機能にアクセサリーの選択を追加しました。
    本ファームウエアに更新することで、クリップオンフラッシュ*などのアクセサリーのファームウエア更新が行えるようになります。

    *クリップオンフラッシュEF-X500をお持ちのお客さまへの大切なご案内
    クリップオンフラッシュEF-X500のファームウエアが更新されました。
    クリップオンフラッシュEF-X500をお持ちのお客さまは、以下お知らせの「検索フォーム」より対象シリアル番号のご確認をお願いします。EF-X500のファームウエア更新が必要な場合は、カメラボディのファームウエアを更新した後に、EF-X500のファームウエア更新を行ってください。
Ver.2.00からVer.2.01への変更内容
  1. XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WRレンズを装着した際に望遠側でAFが合焦し難い現象を改善しました。
  2. セットアップメニューの接続設定>PC保存先設定>手動設定>無線LANルーター選択を実行した際に、カメラがハングアップすることがある現象を改善しました。
  3. Nissin製ストロボi40(富士フイルム用)でフラッシュが発光しない問題を改善しました。
Ver.1.02からVer.2.00への変更内容
追加、変更される下記項目((※)印の項目)の操作方法や説明については、X-Pro2追加機能について (New Features Guide)[Ver.2.00]をホームページからダウンロードしてご確認ください。
  1. AFエリア選択ポイント数の拡大(※)
    撮影メニューのフォーカス設定>フォーカス点数切り替えの設定が91点(7×13)と325点(13×25)に変更になりました。
  2. 位相差AF精度向上
    X-T2に搭載された新しいオートフォーカスアルゴリズムを適用し、より正確なオートフォーカスが可能になります。
  3. AF-Cで連写L時のAF追従性能を向上させました。
  4. AF-Cモード時にレリーズ半押し中にAEが追従するように改善しました。
  5. AF-Cで連写時に電子シャッターでのAF追従を可能にしました。
  6. これまではAF-Cで連写H時に撮影前は被写体追尾し、連写中はゾーンAFとなっていましたが連写中も被写体を追尾するようにしました。
  7. AF-Cで連写L時に単写(1コマ撮影)を可能にしました。
  8. 瞳AUTO設定時の瞳AFにて被写体の手前の瞳に合焦するように変更しました。
    これまでは構図から合焦させる瞳を決定していました。
  9. 多機能クリップオンフラッシュEF-X500に対応(※)
    多機能クリップオンフラッシュEF-X500に対応し、TTL多灯ライティング/ハイスピードシンクロなどの機能が使用可能になります。
    これに伴い、フラッシュの設定方法および撮影メニューのフラッシュ設定の内容が大幅に変更になりました。
  10. クイックメニューに割り当てることができるメニューを変更(※)
    EF-X500対応に伴い下記メニューが追加されました。
    ・フラッシュ機能設定
    ・調光補正
  11. ファンクションボタンに割り当てることこができる機能を変更(※)
    EF-X500対応に伴い下記機能が追加されました。
    ・フラッシュ機能設定
    ・TTL-LOCK
    ・モデリング発光
  12. オートパワーセーブ機能を追加(※)
    セットアップメニューの消費電力設定にオートパワーセーブが追加されました。ONにすると消費電力を抑えバッテリーを長持ちさせます。
  13. 自動電源OFFの設定時間を追加(※)
    セットアップメニューの消費電力設定>自動電源OFFの設定時間に15秒/30秒/1分が追加されました。
  14. フロントダイヤルの無効化設定を追加(※)
    セットアップメニューの操作ボタン・ダイヤル設定にコマンドダイヤルシャッタースピード操作設定が追加されました。
    OFFにするとコマンドダイヤルによるシャッタースピードの微調整機能が無効になります。
  15. 撮影メニューのフォーカス設定>AFフレーム補正の仕様が変更になりました。
    ・OFFのとき:パララックスに連動した測距点位置を表示するようにし、OVF使用時のピントの「中抜け」現象を抑制するこができます。
    ・ONのとき:OVFのAFフレーム補正枠の表示位置を使用説明書記載の推奨値に固定しました。
    (従来、レンズの最短撮影距離までAFフレーム補正枠を表示していましたが、OVF実用範囲の距離までの表示として使い勝手を向上しました。なお、装着したレンズの最短撮影距離が推奨値よりも長い場合は、AFフレーム補正枠はそのレンズの最短撮影距離で表示します)
    合わせてご使用のレンズのファームウエアを最新のバージョンにしてご使用ください。
  16. レンズ交換した際に稀にOVFが適切な倍率に自動で切り替わらない現象を改善しました。
  17. ズームレンズ使用時のズーム操作によるOVFのブライトフレームの表示更新がスムーズになるように改善しました。
  18. 電子シャッター使用時の手ブレ補正を改善しました。
  19. スマートフォントアプリケーション「FUJIFILM Camera Remote」を使ったリモート撮影時に稀に発生するスルー画転送のコマ落ち現象を改善しました。
  20. マウントアダプター使用時に絞り優先で露出が適切にならないことがある現象を改善しました。
Ver.1.01からVer.1.02への変更内容
  1. 下記レンズを装着して使用したときのMF時のフォーカス精度を向上しました。
    ・単焦点レンズ:XF35mmF2 R WR/XF90mmF2 R LM WR
    ・ズームレンズ:XF10-24mm F4 R OIS/XF16-55mmF2.8 R LM WR/
                        XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS/XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR/
                        XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR/XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS/
                        XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR/XC16-50mmF3.5-5.6 OIS II/
                        XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II
    ※上記対象レンズのファームウエアも合わせて最新に更新してください。
Ver.1.00からVer.1.01への変更内容
  1. 稀にユーザーが設定した各種設定値が電源OFF後に正常に保存されず、工場出荷状態や以前の設定値に戻る場合がある症状を改善いたしました。
  2. 長時間露光時のノイズ低減処理(長秒時ノイズ低減)による画質を改善いたしました。

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る