ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

レンズ交換式カメラボディ/交換レンズ ファームウエア対応表

 

概要

平素は富士フイルム製品をご愛用いただき、誠にありがとうございます。

本サポートページではレンズ交換式デジタルカメラの操作性、性能の向上および交換レンズとの互換性の対応を目的とし、以下のファームウエアアップデートサービスを実施しています。必ず、最新のファームウエアバージョンでお使いいただきますようお願いします。

※お手持ちのレンズ交換式カメラボディと交換レンズを下表の「最新バージョン」で組み合わせることで、互換性が得られるようになっています。どちらか一方でも古いバージョンですと互換性が得られない場合があります。

レンズ交換式カメラボディのファームウエア対応表

製品名 最新バージョン 主な内容 ダウンロードページ 更新日
X-A1 バージョン1.20
  • instax SHARE SP-1のプリント出力対応
  • フジノンレンズXF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR対応
  • ズームレンズ使用時の絞り表示変更
NEW
2014年6月26日
X-E1 バージョン2.30
  • フジノンレンズXF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR対応
  • ズームレンズ使用時の絞り表示変更
NEW
2014年6月26日
X-E2 バージョン2.10
  • フジノンレンズXF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR対応
  • ズームレンズ使用時の絞り表示変更
NEW
2014年6月26日
X-M1 バージョン1.20
  • instax SHARE SP-1のプリント出力対応
  • フジノンレンズXF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR対応
  • ズームレンズ使用時の絞り表示変更
NEW
2014年6月26日
X-Pro1 バージョン3.30
  • フジノンレンズXF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR対応
  • ズームレンズ使用時の絞り表示変更
NEW
2014年6月26日
X-T1 バージョン1.10
  • フジノンレンズXF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR対応
NEW
2014年6月26日

交換レンズのファームウエア対応表

製品名 最新バージョン 主な内容 ダウンロードページ 更新日
XC16-50mmF3.5-5.6 OIS バージョン1.12
  • 手ブレ補正性能の向上
2014年2月20日
XC50-230mmF4.5-6.7 OIS バージョン1.00 - - -
XF10-24mmF4 R OIS バージョン1.00 - - -
XF14mmF2.8 R バージョン3.10
  • X-E2の点現像復元対応
  • X-E2の位相差AF対応
2013年11月6日
XF18mmF2 R バージョン3.10
  • X-E2の点現像復元対応
  • X-E2の位相差AF対応
2013年11月28日
XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR バージョン1.00 - - -
XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS バージョン3.11
  • 手ブレ補正性能の向上
  • X-E2/X-T1使用でのAF追従連写性能の向上
2014年2月20日
XF23mmF1.4 R バージョン1.00 - - -
XF27mmF2.8 バージョン1.10
  • X-E2の点現像復元対応
  • X-E2の位相差AF対応
2013年11月28日
XF35mmF1.4 R バージョン3.10
  • X-E2の点現像復元対応
  • X-E2の位相差AF対応
2013年11月6日
XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS バージョン1.11
  • 手ブレ補正性能の向上
  • X-E2/X-T1使用でのAF追従連写性能の向上
2014年2月20日
XF56mmF1.2 R バージョン1.00 - - -
XF60mmF2.4 R Macro バージョン3.10
  • X-E2の点現像復元対応
  • X-E2の位相差AF対応
2013年11月6日

※ X-Pro1は、カメラボディのファームウエアがVer.2.00以上に更新されてないと、レンズのファームウエア更新ができません。

<X-E2/X-T1の位相差AFおよび点像復元機能が有効となる各レンズのファームウエアバージョンについて>

X-E2/X-T1の位相差AFおよび点像復元処理機能を有効にするためには、各レンズのファームウエアを更新してご使用ください。
なお、XCシリーズレンズはファームウエアを更新しても点像復元処理機能には対応していません。

製品名 位相差AF 点像復元処理
XC16-50mmF3.5-5.6 OIS バージョン1.10以上 非対応
XC50-230mmF4.5-6.7 OIS バージョン1.00以上 非対応
XF10-24mmF4 R OIS バージョン1.00以上 バージョン1.00以上
XF14mmF2.8 R バージョン3.10以上 バージョン3.10以上
XF18mmF2 R バージョン3.10以上 バージョン3.10以上
XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR バージョン1.00以上 バージョン1.00以上
XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS バージョン3.10以上 バージョン3.10以上
XF23mmF1.4 R バージョン1.00以上 バージョン1.00以上
XF27mmF2.8 バージョン1.10以上 バージョン1.10以上
XF35mmF1.4 R バージョン3.10以上 バージョン3.10以上
XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS バージョン1.10以上 バージョン1.10以上
XF56mmF1.2 R バージョン1.00以上 バージョン1.00以上
XF60mmF2.4 R Macro バージョン3.10以上 バージョン3.10以上

ファームウエアバージョンの確認方法

バージョンの確認は、メモリーカードがカメラ内にある状態でないと確認ができませんので、ご注意ください。
交換レンズのファームウエアバージョンを確認する場合は、カメラボディにレンズを装着して確認します。

  • お手持ちのカメラの「DISP/BACK」ボタンを押したままカメラの電源を入れてファームウエアのバージョンを確認します。(以下の図ではボディ・レンズ共にバージョン1.00です)

  • バージョンが確認できたら、カメラの電源を切ってください。

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る