ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

写真・アルバムに関するご質問と対処法

最終更新日 : 2011年6月16日

ご質問
写真プリントが水没して汚れてしまった場合の対処法
対処方法

作業には、必ず薄手のゴム手袋を着用してください。
画像面の状態把握と衛生面の観点より、介護・医療用か食品加工用の手袋がお勧めです。

  1. 写真プリントが完全に乾いている場合は、先ず軟らかい筆やハケで表面の泥などを軽く落としてください。筆やハケが無かったり、写真プリントが生乾きの(もしくは濡れている)場合は、直接2.から始めてください。
  2. 写真プリントを約20℃~30℃の水(室温の水でも可)にいったんくぐらせて、大きな汚れを落とします。表面に傷がつくので強く擦るのは禁物です。
  3. 次に用意したきれいな水(同上)に写真プリントを浸します。
  4. 写真プリントの表面を傷つけないようにして、指の腹部分もしくは筆などを利用して、水中で優しく撫でるように擦り、泥や砂などをそっと落としていきます。必ず四隅などの周囲から始め、様子を見ながら主要被写体のある中心部に移動して洗浄していきます。裏面の汚れも忘れずに擦って落とします(裏面の掃除は習字の筆などが便利で、指よりも効率的に汚れを落とせます)。
    ※その際、写真プリントの画像面の一部分や周囲が、簡単に赤くなったり、黄色くなったり、更に白くなったりする場合は、画像部分がかなり損傷してきているので、それ以上擦る作業は中止にします(画像面の損傷がひどいものは、薄手のゴム手袋越しでも、触ると微妙なヌメリを感じます)。このようなプリントの画像面は、軽くすすぐ程度の洗浄にとどめてください。
  5. 洗浄が終わったら、きれいな水(冷水でも可)ですすぎ洗いをし、ほこりのつかない場所で陰干し乾燥します。新聞紙などの上に広げていっても、洗濯バサミやクリップのような物で端をつまんで、つるして乾かしても結構です。ヘアドライヤーなどでの急激な乾燥は、写真プリントが反ってしまう恐れがありお勧めできません。

<対処法を動画で確認>

Share | Check

※ 上記の対処法は、主にフジカラーのお店などでご注文いただいた「銀写真プリント」の場合です。
家庭用プリンターでの「インクジェットプリント」や店頭でのセルフプリント機での「昇華型プリント」には対応していません。

※ 現像済の「ネガフィルム」が見つかった場合は、水や泥をかぶっていても決して捨てずに大事に保管されることをお勧めします。
「ネガフィルム」の本体(ベース)はプラスチック樹脂なので、「写真プリント」の紙よりも丈夫です。 また必ずネガケース(半透明の保護袋)に入っているので、損傷が少ない可能性があり、再び写真プリントの作成ができます。

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る