ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


写真・アルバムに関するご質問と対処法

最終更新日 : 2011年6月16日

ご質問
カラーネガフィルムが水没して汚れてしまった場合の対処法
対処方法

現像済みのネガフィルムが見つかった場合は、塩水や泥水を被っていても決して廃棄せずに、回収してください。通常は半透明の樹脂製ネガシートに入って保管されており、損傷が少なければ、後日、簡単に写真プリントの作成が可能です。泥などの洗浄の仕方は写真プリントとほとんど同じ方法です。
作業には、必ず薄手のゴム手袋を着用してください。
画像面の状態把握と衛生面の観点より、介護・医療用か食品加工用の手袋がお勧めです。

  1. ネガフィルムがシートごと完全に乾いている場合は、軟らかい筆やハケでシートの表面の泥などを軽く落としてください。筆やハケが無かったり、フィルムが生乾きの(もしくは濡れている)場合は、直接2.から始めてください。
    ※ネガシートは細長い封筒状になっており、入り込んだ水分の逃げ道が無いため、長期間濡れていたことが予想されます。泥落としよりも、ネガシートからのフィルムの取り出し(や引き剥がし)対処が主目的になります。その場合は、事前に1段1段ネガシートごとハサミで切ってから水に浸けると、後の作業が効率的に行えます。
  2. フィルム、もしくはフィルム入り樹脂製ネガシートごと、水(約20℃~30℃、室温の水でも可)にいったんくぐらせて大きな汚れを落とします。表面に傷がつくので強く擦るのは禁物です。
  3. 次に用意したきれいな水(同上)にフィルムやフィルム入りネガシートを浸します。
  4. フィルムの表面を傷つけないように、フィルムの両サイドの穴のある部分などを持ち、水の中でフィルムを揺らす程度の洗浄で結構です。もしフィルムがネガシートとくっついている場合は、自然に剥がれるまでそのまま浸しておき、絶対に無理に引き剥がしたり引き出さないようにします。
    ※その際、フィルムの画像面の一部分や周囲が、透けている(透明になっている)場合は、画像部分がかなり損傷してきているので、ネガシートを引き剥がすことができたら、フィルムを絶対に擦らず、端を持って軽くすすぐ程度で水から出してください。
  5. 洗浄が終わったら、きれいな水(冷水でも可)ですすぎ洗いをし、ほこりのつかない場所で陰干し乾燥します。フィルムの両サイドにある穴を利用し、クリップを曲げてその穴に通して干したり、洗濯バサミやクリップのような物で端をつまんで、つるして乾かしても結構です。ヘアドライヤーなどでの急激な乾燥は、フィルムが反ってしまう恐れがありお勧めできません。
Share | Check


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る