ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

私たちの新たな取り組み

 

当社独自の“写真”製品やサービスを通じて、「現在」と「未来」、「被害を受けた地域」と「支援する地域」をつなげる活動に協力していきたいと考えています。下記サービスや製品の活用をご参考に、それぞれの地域に合ったアイデアがあれば、お気軽にご相談ください。

フォトブックサービスを活用した復興活動記録のサポート

当社の新フォトブックサービスである“イヤーアルバム”は、膨大な写真の中から期間を区切ってよい写真を自動的に選び、レイアウトして一冊のフォトブックにするサービスです。

気仙沼市のあるボランティアでは、仮設住宅を退去する方へ、仮設住宅での思い出の写真をを一冊のフォトブックにしてプレゼントする活動を行っており、“イヤーアルバム”を利用しています。だれにでも簡単作れる記録アルバムとして便利な”イヤーアルバム”をご活用ください。


インスタント写真「チェキ」を活用したイベント、チャリティーへの支援

撮ったその場でプリントができる「チェキ」を使った撮影会はどんなイベントでも大人気です。チャリティーオークションや復興イベントなど、その場での思い出作りや、参加者のコミュニケーションを盛り上げるツールとしてご活用ください。


“写ルンです”を活用した、身近な復興の発信

“写ルンです”は小さなお子様をはじめ、誰でも気軽に使えるカメラです。外側から見た復興の様子は種々のメディアにより報道されていますが、内側から見た記録というのは意外に少ないものです。身近な復興の記録を、そこで暮らす方々の目線で捉え、残してみませんか。


アルバムカフェで、新しい思い出やコミュニケーション作りをサポート

“写真を使ったアルバム作りの楽しさ”を伝える「アルバムカフェ」。 何気ない日常の一枚も、いつかかけがえのない宝ものになります。数十年後、世代を超えて、あなたが作ったアルバムをひらいてみんなが笑顔になる日がきっときます。未来のために、新しいアルバムの一ページ目を作ってみる、そんなイベントを新しい仲間と始めてみませんか。富士フイルムは、「アルバムカフェ」活動を写真事業をベースとした社会貢献活動の一環として運営しています。


上記は一例ですが、ご興味を持ち、活用してみたいとお考えの団体はお気軽にご相談ください。

(ご希望に添えない場合もありますので、ご理解願います。)

本件に関するお問い合わせ
富士フイルム株式会社 写真でつながるプロジェクト

お問い合わせフォーム
Share | Check


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る