ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

UA46×9.5BERD : 機能・特長 NEW

 

[写真]4K Premier シリーズ UA46×9.5BERD

4K対応の放送用ポータブルレンズとして世界最高46倍ズームを実現

  • 複数のレンズ群を動かしズーミングを行う「多群ズーム方式」と、精密加工を施した大口径非球面レンズを採用することで、4K対応の放送用ポータブルレンズとして世界最高(*1)46倍ズームを実現。高倍率ズームレンズで生じやすいズーミング時のピントボケを徹底的に抑制し、ズーム全域でクリアな映像撮影が可能です。
  • 超高屈折率レンズにより、広角側の焦点距離での撮影で生じやすいディストーションを極限まで抑制。世界最広角(*2)となる9.5mmから望遠437mmまでの焦点距離をカバーするため、背景を取り入れた撮影から被写体にクローズアップした撮影まで幅広いシーンに対応することができます。
  • スポーツ中継をはじめ、野生動物などを撮影するドキュメンタリー番組や報道取材などで、臨場感溢れる4K映像を実現します。
  • *1 4K対応の放送用ポータブルレンズとして世界最高倍率。2018年8月20日現在。当社調べ。
    *2 40倍以上の放送用ポータブルズームレンズとして世界最広角。2018年8月20日現在。当社調べ。

最先端の光学設計技術により、豊かな階調を再現

  • EDレンズと蛍石レンズ(*3)を採用することで、軸上色収差(*4)や倍率色収差(*4)を効果的に抑制します。さらに、当社独自の多層コーティング処理「HT-EBC(High Transmittance Electron Beam Coating)」により、光の透過率を向上させることで、鮮やかな色再現と高いコントラストを実現。HDRを活かした映像撮影が可能となり、明暗差の大きな夕暮れ時や日差しが強いシーンでも、豊かな階調を再現します。
  • HD対応の放送用カメラにも装着が可能であるため、すでに導入している放送機材を有効活用しながら、HDRを活かした、より高画質な映像を撮影することができます。

*3 光の透過率や屈折率の波長分散が小さい特長を持つ蛍石を用いたレンズ。色収差の極めて小さい光学設計を実現できる。
*4 光の波長によって屈折率が異なることで生じる収差のこと。焦点が合わず像がぼけることを軸上色収差、画面周辺部において色が滲むことを倍率色収差と呼ぶ。

独自開発の防振機構を搭載し、4K映像制作をサポート

  • 高性能ジャイロセンサーにより、微小な振動も正確に検出することができます。
  • 独自開発の「セラミックボールローラー方式」による防振機構を搭載。精度加工を施したセラミックボールを駆動部に採用することで、防振時の摩擦抵抗を極限まで低減し、風や足場の揺れによる映像のブレをタイムラグなく的確に補正します。
  • カメラを水平方向に動かしながら撮影するパンニング操作時に生じやすい揺れ戻し現象(*5)を抑制。撮影者の意図通りにフレーミングを行うことができます。

*5 パンニング操作を揺れとして検出し、意図せず補正が作動することで、操作終了後にフレーミングが少し戻る現象のこと。

新開発のドライブユニットにより、高い操作性を実現

  • 新開発のドライブユニットにより、ズーム・フォーカス・アイリスの駆動スピードが向上し、快適な操作性を実現。スムーズなズーミングが可能となり、素早く動く被写体も的確に捉えることができます。
  • ズームやフォーカスの位置情報などのレンズデータを高分解能で出力できる16bitエンコーダー(*6)を標準装備。CG映像とライブ映像を合成するバーチャルスタジオなど、さまざまなシステムと連携できます。

*6 位置情報をデジタル信号に変換するセンサー。16bitの精度で分割して、ズーム・フォーカスの位置情報を電気信号で送出。

9枚絞り羽根採用による自然なボケ味を実現

  • 9枚絞り羽根を採用することで、より円形に近い絞り形状を実現。美しい光芒や自然なボケ味を生かした映像表現が可能です。

お問い合わせ・資料請求

製品の資料請求・お問い合わせは、富士フイルム(株)で承っております。電話またはWeb(お問い合わせフォーム)で、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ
富士フイルム(株) 光学・電子映像事業部
(テレビレンズ製品について)
 TEL : 048-668-2143
(テレビレンズ アフターサービスについて)
 TEL : 048-668-2141
 FAX : 048-666-2944
ウェブでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム

ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る