コラム

ArchiveNavi トップコラム期間限定公開!特別コンテンツ 大容量データ保存時代のストレージの選定基準

期間限定公開!特別コンテンツ

大容量データ保存時代のストレージの選定基準

IDC Japan株式会社
エンタープライズインフラストラクチャ/PCs
グループディレクター
森山正秋 氏

IDC Japan株式会社 森山正秋氏の講演資料を期間限定で公開中です。
大容量データを保存し活用していく時代における、ストレージの選定基準について、市場のトレンドの把握から、今後のストレージ動向まで、広くお話頂いた際の講演資料です。

  • デジタルトランスフォーメーション(DX)が国内企業のIT投資や組織に与える影響

  • デジタルデータ増加のインパクト

  • 国内企業のストレージ保有容量の変化

  • 容量の伸びを牽引している要因

  • 米国企業との比較

  • DX時代のアーカイブとストレージインフラの条件

  • IDCの提言

本資料の公開期間は終了いたしました

※本コンテンツは、富士フイルム株式会社がITPro Activeセミナーを開催した際、調査会社である、IDC Japan株式会社の講演内容です。
※本コンテンツの著作権はすべてIDC Japan株式会社に帰属しています。
※本コンテンツの複製、または内容の流用、転載はIDC Japan株式会社の許可なしにはできません。

コラム一覧はこちら

データ保管に関する課題解決事例はこちら