コラム

ArchiveNavi トップコラム磁気テープによるバックアップ~HDDとの違い 磁気テープとハードディスク(HDD)を比較した場合のメリットとは

磁気テープによるバックアップ~HDDとの違い
磁気テープとハードディスク(HDD)を比較した場合のメリットとは

「トラブルが多くて手間がかかる…」磁気テープにそんなイメージを抱いている方も多いと思いますが、現代の磁気テープはHDDストレージに比べると故障率も低く、停電、クラッシュ、ウイルス攻撃などによるデータ損失のリスクが極めて低い、最も信頼性の高いメディアとして再び注目されています。

システムのトータルコストが安い!

磁気テープを使ったデータの長期保管は、容量あたりのコストが安く、バックアップを実行しているときにしか大きな電力を使用しません。そのため、電気料金、空調や電源施設の設備費など、ランニングコストが非常に安価になります。

※図1:年間56TBずつ容量増加、5年間で280TBのシステムを構築した場合、容量増設に掛かるファシリティコスト、電気代、ハードウェア代のトータルコストをテープシステムとディスクシステムで比較(データ:富士通)

年間56TBずつ、5年間で280TB

消費電力が少ない!

テープ装置は制御回路以外に常に稼動する必要性がないため、バックアップ実行時にしか大きな電力を使用しません。そのため、消費電力がかからない効率の良いシステムです。

※図2:データ容量を50TB, 140TB, 280TBでテープシステムとディスクシステムの消費電力を比較(データ:富士通)

消費電力

容量単価が安い!

ハードディスク(HDD)に比べ、テープメディアの容量単価は安価なため、収納巻数が多くなるほど装置全体の容量単価が下がり、コスト削減につながります。

転送速度が早い!

転送速度が遅いイメージのある磁気テープですが、第7世代LTO Ultrium7では最大750MB/秒(非圧縮時300MB/秒)の高速転送を実現しています。これが、大量データのバックアップやアーカイブに磁気テープが採用される理由です。転送速度の向上率はHDDより高く、今後もさらなる高速化が期待できます。

※図3:メーカーカタログ代表値より: 2016.9

データ転送速度

安全な長期保管に最適!

磁気テープの良さはその信頼性にあります。磁気テープは停電・クラッシュ・ウイルス攻撃などによるデータ損失のリスクが低く、BCP(事業継続計画)対策などに最適な記録媒体です。 大切なデータを災害などのリスクから守るため、オフラインで管理ができ可搬性のある磁気テープは、遠隔地保管にも適しています。

※ LTOはHPE社、IBM社、Quantum社が共同策定した磁気テープ記憶装置の規格。Linear Tape-Open、LTO、LTOロゴ、UltriumおよびUltriumロゴは、HPE社、IBM社およびQuantum社の米国およびその他の国における登録商標です。

コラム一覧はこちら

データ保管に関する課題解決事例はこちら