コラム

ArchiveNavi トップコラムスーパーカミオカンデのデータを未来まで残す 世界の資産を守る磁気テープの信頼性と拡張性

<磁気テープ導入事例>

スーパーカミオカンデのデータを未来まで残す
世界の資産を守る磁気テープの信頼性と拡張性

東京⼤学宇宙線研究所(ICRR)
神岡宇宙素粒⼦研究施設

「絶対に無くせない」唯⼀無⼆の観測データだからこそ磁気テープに!
HDDに⽐べ安⼼性・コスト⾯に優れ、データ急増にも容易に拡張可能。ノーベル賞も⽣んだ貴重なデータは、1996年の稼働以来、磁気テープにバックアップされ、⻑期的に保管され続けています。その重要なシステム開発や改良に携わる、東京⼤学宇宙線研究所の早⼾良成准教授にお話を伺いました。

スーパーカミオカンデのデータを未来まで残す 世界の資産を守る磁気テープの信頼性と拡張性

※本コンテンツの著作権はすべて富⼠フイルム株式会社に帰属しています。
※本コンテンツの複製、または内容の流⽤、転載は富⼠フイルム株式会社の許可なしにはできません。

コラム一覧はこちら

データ保管に関する課題解決事例はこちら