コラム

ArchiveNavi トップコラムデータの長期保管に最適な「コールドストレージ」とは?

データの長期保管に最適な
「コールドストレージ」とは?

過去に比べ多種多様なデバイスからさまざまなデータが簡単に日々生み出されるようになりました。
それに伴いデータ量が爆発的に増加しているだけでなく、データの特性も多様になってきています。

コールドデータとは?

作成された直後は頻繁に参照され書き換えられるデータですが、時間が経って鮮度が落ちるとアクセス頻度が下がっていきます。これを「コールドデータ」と呼びます。最終的にはあまりアクセスされなくなるコールドデータですが、コンプライアンス目的での保管だけでなく、将来の活用を考えて重要な資産として保存する傾向が高まっています。コールドデータは全データ中の70%~80%を占めるとも言われています。

データの長期保管に最適な「コールドストレージ」とは?

アクセス頻度は少ないが捨てられないコールドデータ。従来は文章データがほとんどでしたが、最近では画像や動画など取り扱うデータの種類が多様化し、その量も急激に増大しています。各企業のIT担当者は、大量のコールドデータをどのように効率的に管理したらよいか頭を悩ませています。

コールドストレージとは?

アクセスが低頻度になったコールドデータを、長期間、安価に保管できるストレージシステムやサービスを「コールドストレージ」と呼びます。主ストレージに比べ、応答時間や転送速度を下げたり、可用性を下げたりすることで低価格を実現するケースが多くあります。ユーザーが用途に応じ適切なデバイスやサービスを選択することになります。クラウドでのコールドストレージサービスはAWSのGlacierが有名です。

従来の(オフライン)アーカイブも用途の一つですが、最近ではアクセス頻度は少なくても必要なときには即座にデータアクセスできるアクティブアーカイブ(オンラインアーカイブ)のニーズも生まれており、アクセス性と低コストを両立できるHDDとテープを組み合わせた階層化ストレージなどが提案されています。

ストレージデバイスの階層化構造

コールドデータを効率的に長期保管するという課題に対して、富士フイルムでは「ディター二ティ オンサイト アーカイブ」を提供しています。HDDと磁気テープライブラリを組み合わせた先進的ハイブリッドストレージで、利用頻度の高いホットデータはHDDに保管し、一定期間アクセスがなかったコールドデータはテープライブラリに移動するなど、適切なストレージを自動で選択してくれるので、データ仕分けの手間を大幅に軽減することができます。

コラム一覧はこちら

データ保管に関する課題解決事例はこちら