「ディターニティ」トップ「ディターニティ オンサイト アーカイブ」トップ

FUJIFILM Archive Solutions 情報を未来へ繋ぐ 古くて新しいアーカイブの選択肢FUJIFILM Archive Solutions 情報を未来へ繋ぐ 古くて新しいアーカイブの選択肢

「磁気テープ」と「HDD」の先進的ハイブリッドストレージ

製品紹介動画をご覧ください

磁気テープとHDDを組み合わせ、データのアクセス頻度に応じて最適なストレージを自動で選択・実行することで、パフォーマンスとコストを最適化したアーカイブを実現させます。

〈     製品紹介動画をご覧ください

利用頻度の高いホットデータはHDD、利用頻度の低いコールドデータは長期保管に適した磁気テープと、ストレージ先が自動で選択されるため、データの仕分けの手間が削減できます。

  • 大容量になるほどストレージコストを大幅に削減

    磁気テープは、容量あたりの価格が安く、通電の必要もないため、ストレージのトータルコストが⾮常に安価。データ量が増えるほど、コストメリットが大きくなります。

    大容量磁気テープを使った省エネルギー型「テープアーカイブアプライアンス」(TAA)は、保存されているデータの大部分を占める使用頻度が低くなったデータを省エネルギー性に優れる磁気テープで保存することで、ハードディスク(HDD)での保存に比べて、約74%もの大幅な消費電力量・CO2排出量を削減するストレージ方法を用いています。

    「TAA」の消費電力量を社内で実測した結果、HDDと比較して約74%の消費電力量とCO2排出量が削減でき、大幅な省エネルギーが可能であることが確認されました。

  • 磁気テープのデータにも簡単アクセス、システム管理操作も簡単

  • 磁気テープを追加するだけ、容量は柔軟で無限大の拡張性

  • 国内はもちろん、国外でも導入実績多数の高信頼の磁気テープストレージシステム

最適なストレージ先を自動選択

「ディターニティ オンサイト アーカイブ」は
このような課題を解決します!