ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

FUJIFILM DR BENEO-Fx : 操作フロー

 

[画像]FUJIFILM DR BENEO-Fx

よりスムーズに、確実に—ストレスのない撮影環境を構築。

1. 撮影準備

機器に触れることなく撮影準備を完了

[写真]

X線管の位置合わせを自動で行うオートポジショニング機能を搭載。撮影メニューごとにポジショニングをプリセットし、再現できます。

X線撮影スタンド

[写真]

撮影中心の可動範囲が40~189cmで、頚椎から下肢までの撮影が可能。撮影台の角度を-20度から90度まで調節でき(*1)、頭部や上肢撮影などにも対応します。

*1 オプションです。

X線撮影テーブル

[写真]

フットスイッチとグリップスイッチ(*1)を使って、36~91cmの高さに速やかに昇降させることができます。

*1 オプションです。

2. 患者誘導とポジショニング

体型に合わせて撮影ポジションを素早く決定

[写真]

オートトラッキング機能により、パネルとX線管の自動位置合わせができ、ポジショニング作業に集中できます。オートと手動を切り替えながらのポジショニングも容易です。

照射野連動機能

撮影部位にあらかじめ設定された照射野サイズが自動で再現され、上基準・下基準による位置調整も自動で行われます。

液晶タッチパネルで各種設定も容易に

[写真]

撮影に関する情報が見やすく表示され、タッチパネル操作による設定変更も簡単に行うことができます。管球向きにより表示内容を90°回転させる事で常に見やすいスクエア液晶を搭載しています。

3. 撮影

タッチパネルで撮影室での条件変更が可能

[図]

X線管懸垂器に装備された液晶タッチパネルで各種条件を変更できるため、撮影室内のみで条件設定が可能です。変更された条件は、撮影室外のコントローラーとリアルタイムで情報を共有します。

離れた場所でも“音と光”で状態をお知らせ

[写真]

音と、フレームおよびハンドスイッチの点灯で、「Ready up」と「X線照射」の状態を知らせます。点灯色は7色から自由に選べます。

お問い合わせ・資料請求

この製品・ソリューションに関するお問い合わせ、資料請求は、富士フイルムメディカル株式会社までお気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ
営業所電話番号一覧
ウェブでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム

ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る