ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

光源・プロセッサー(AdvanciaHD) : 機能・特長

 

[画像]光源・プロセッサー(AdvanciaHD)

画像診断の新しいスタンダード、デュアルモード搭載

明るいFICE画像で、動画をより見やすく

「デュアルモード」により、2つの動画をひとつの画面で同時に比較可能。より見やすい画像で、より精度の高い診断をサポートします。

[図]明るいFICE画像で、動画をより見やすく

お好みにより3つの画面を選択可能

従来の円形に加え、四角形の新しいマスクでも表示可能。3つの画面を選択いただけます。

[図]お好みにより3つの画面を選択可能

より精度の高い診断を支える画像技術

改良を加えた構造強調により、さらなる高画質へ

従来の輝度を重視した画像処理に対し、色解像度を保った構造強調を実現。お手持ちのスコープのポテンシャルを余すことなく引き出し、血管などが見やすい階調豊かな画像を提供します。

[図]改良を加えた構造強調により、さらなる高画質へ

見たい部位に応じた、多彩な画像処理を実現

構造強調・色彩強調など部位に応じた画像処理設定が可能。高・低周波数帯それぞれで描写力を向上させました。また、FUJIFILM独自のハニカムCCDに最適な画像処理ソフトを搭載しています。

[図]見たい部位に応じた、多彩な画像処理を実現

高画質へのこだわりが生んだ多彩な機能

ハレーション低減機能

観察部位をより的確に描写できる5パターンのピーク検出レベルをご用意。お好みの設定が選べます。

[図]ハレーション低減機能

シャッタースピード優先モード

シャッタースピードを観察状況に応じて自動的に切り替え、拍動や蠕動運動による画像のブレを軽減し、遠景においても明るい画像を提供します。

[図]シャッタースピード優先モード


スコープ自動認識

[写真]スコープ自動認識

スコープをプロセッサにセットすると、スコープタイプ別に最適なパラメータを自動的に設定します。

高精細画像を4ch出力

高画質な映像をHDモニターに出力するのはもちろん、同時にHDレコーダーに記録できます。

[図]高精細画像を4ch出力


お問い合わせ・資料請求

この製品・ソリューションに関するお問い合わせ、資料請求は、富士フイルムメディカル株式会社までお気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ
営業所電話番号一覧
ウェブでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム

ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る