ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

内視鏡洗浄消毒システム : 主な仕様

 

[画像]内視鏡洗浄消毒システム ENDOSTREAM

内視鏡洗浄消毒システム

仕様

一般的名称 軟性内視鏡用洗浄消毒器
販売名
認証番号
内視鏡洗浄消毒機 ESR-100
22200BZX00609000
内視鏡洗浄消毒機 ESR-200
225AABZX00223000
電源条件 入力電圧:AC100V 周波数:50/60Hz 相数:単相 定格電流:12A(ESR-100)、7A(ESR-200)
環境条件 使用場所:屋内 使用高度:2000m以下
過電圧カテゴリー:CAT II
(1)動作時 温度:10℃ -40℃
湿度:10%RH-85%RH(結露なきこと)
気圧:750hPa-1060hPa
(2)保管時 温度:-10℃-50℃
湿度:10%RH-85%RH(結露なきこと)
気圧:750hPa-1060hPa
システム仕様 (1)適用内視鏡 当社指定の業者に確認
(2)適用本数 1本(ESR-100)、1本または2本(ESR-200)
(3)漏水検知 液中で気泡目視確認
(4)洗浄方式
  • 外表面 超音波洗浄と流水洗浄
  • チャンネル内 流水洗浄
  • ボタン類 超音波洗浄と流水洗浄
(5)洗浄液 当社指定洗浄液(アルカリ系洗浄液)
(6)使用水量(すすぎ含む) 約75L(ESR-100)、約90L(ESR-200)
(7)消毒方式
  • 外表面 消毒液浸漬
  • チャンネル内 消毒液送液、充満
  • ボタン類 消毒液浸漬
(8)消毒液 当社指定消毒液(過酢酸、専用ボトルで供給)
(9)消毒液実用液量 約15L(ESR-100)、約18.7L(ESR-200)
(10)消毒温度選定 20℃以上に加温するヒーター搭載
(11)消毒液濃度確認 濃度試験紙
(12)自己消毒 本体蓋内側の汚染防止のため、薬液散布による消毒
ユーザーによる配管追加で給水系自己消毒
(13)送液・乾燥
チャンネル内
アルコールフラッシュ選択が可能
(14)フィルター
  • 水/エアフィルター
    0.2μmフィルターで容易に交換(フロントアクセス)
  • 臭気フィルター
    活性炭により過酢酸の臭いを除去
(15)工程時間 約17分/1本(ESR-100)、約18分/2本(ESR-200)
約16分/1本(ESR-200シングルモード)
  • ※漏水検知、アルコールフラッシュ除く、温調なし又は消毒剤温度20℃以上
(16)インターフェース
  • 洗浄蓋 蓋開閉ペダルで自動開閉
  • ディスプレイ 3.5 インチカラーLCD 搭載
  • 操作ボタン 大径[洗浄スタート]ボタン
  • 過酢酸供給
    ボトルセットで開栓/調液、空ボトル水洗機能搭載
  • ブザー音 音量変更可能
(17)洗浄消毒履歴管理 LAN経由でPCに洗浄消毒履歴が残せる
スタンドアロンパッケージソフト
RFIDはオプション
プリンターはオプション
(18)騒音 60dB以下(3秒以内の単発音は除く)
(19)装置外形寸法(mm) 457(W)×776(D)×914.5~924.5(H)
(20)設置面積(mm) 503(W)×1140(D)×1463~1473(H)
  • ※洗浄蓋開、前面カバー開
(21)設置時の最低スペース 左右:40mm 背面:50mm(ESR-100)、100mm(ESR-200)
(22)質量 105kg(ESR-100)、87.8kg(ESR-200)
オプション RFIDリーダライタキット、プリンター、洗浄開始フットスイッチ、コネクターハンガー、転倒防止金具、プレフィルターセット、プレフィルターエレメント、IDタグ、IDシール
コンパクトフラッシュリーダライタ(ESR-100)、LANケーブル固定金具(ESR-100)

適合安全規格・法令

規格番号、年号 標題
JIS C 1806-1:2001
JIS C 1806-1:2010(ESR-200)
電磁両立性要求事項および試験
JIS C 1010-1:2005 測定、制御及び研究室用電気機器の安全性- 第1部:一般要求事項
IEC 61010-2-040:2005 測定、制御および研究室用電気機器の安全性
第2-040部:医療材料の処理に使用する滅菌器および洗浄殺菌器に関する個別要求事項

エスサイド消毒液6% (750ml)[ESR-100用]/(930ml)[ESR-200用]

組成・性状 第一剤および第二剤からなる組み合わせ製剤
(第一剤、第二剤と精製水を混和し、0.3w/v%の実用液として使用)
組成
  • 第一剤(主剤)
    過酢酸を6%含有し、過酸化水素、酢酸、その他1成分(触媒)および水を含む低濃度過酢酸平衡混合物である。
  • 第二剤(緩衡化剤)
    9成分(緩衡剤、安定剤(防錆剤・金属イオン封鎖剤)、pH調節剤など)を含有する。実用液のpH調整および安定化に用いる。
性状
  • 第一剤
    酸性の無色澄明の液で、強い刺激臭がある。
  • 第二剤
    アルカリ性の無色~淡黄色澄明の液で、わずかに特異なにおいがある。
  • 0.3w/v%実用液
    無色~淡黄色澄明の液で、弱い酢酸様のにおいがある。 pH:約3.8
効能または効果 医療器具の化学的滅菌または殺菌・消毒
包装単位 750mL(第一剤、第二剤ともに同容量)
包装形態 第一剤と第二剤をセットした紙箱入り
6紙箱/段ボール

エンドフラッシュ

包装単位 1000mL/パック
包装形態 6パック/段ボール

お問い合わせ・資料請求

この製品・ソリューションに関するお問い合わせ、資料請求は、富士フイルムメディカル株式会社までお気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ
営業所電話番号一覧
ウェブでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム

ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る