ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


ヒトiPS 細胞由来腸管上皮細胞 F-hiSIEC™  NEW

 

[写真]経口剤開発の効率化に大きく貢献する画期的な研究用途細胞

基本情報

ヒト生体に近い機能を有し、薬物の吸収性を高精度に評価できる画期的な創薬支援用細胞。

ヒト生体由来腸管上皮細胞と同等のCYP3A4 酵素活性

腸管上皮細胞が薬物を吸収する際に、薬物代謝酵素の中で最も重要な機能を果たすCYP3A4の酵素活性が、Caco-2細胞に対して約30倍、ヒト生体由来腸管上皮細胞と同等です。

[図]

ヒト生体同等の主要トランスポーター遺伝子発現量

薬物の腸管上皮細胞内への取り込みと細胞外への排出をつかさどるトランスポーター遺伝子の発現量がヒト生体由来腸管上皮細胞(AI:Adult Intestine)とほぼ同等です。
また、種々の代謝酸素や小腸のマーカー遺伝子もヒト生体小腸と同様の発現プロファイルを示しています。

さまざまな細胞培養容器で使用可能な高い汎用性

[図]

プレートやセルカルチャーインサートなどさまざまな細胞培養容器で使用可能です。また、セルカルチャーインサートに播種することで、バリア機能が確保できます。

[図]

お問い合わせ・資料請求

再生医療事業全般に関するお問い合わせは、富士フイルム(株)にて承っております。ひざ軟骨の再生医療に関するお問い合わせは、(株)ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング(J-TEC)にて承っております。それぞれWebより問い合わせフォームをご利用ください。

 
 
Webでのお問い合わせ
再生医療事業全般に関するお問い合わせ
お問い合わせフォーム
ひざ軟骨の再生医療に関するお問い合わせ
お問い合わせフォーム

お問い合わせ

再生医療事業全般に関するお問い合わせは、富士フイルム(株)にて承っております。ひざ軟骨の再生医療に関するお問い合わせは、(株)ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング(J-TEC)にて承っております。それぞれWebより問い合わせフォームをご利用ください。

Webでのお問い合わせ
再生医療事業全般に関するお問い合わせ
お問い合わせフォーム
ひざ軟骨の再生医療に関するお問い合わせ
お問い合わせフォーム

関連情報

培養した患者さんの細胞を移植して、傷ついたひざ軟骨を健康な状態に修復する再生医療を実用化しました。

富士フイルムは写真技術を応用し、一人ひとりが熱い想いを持って医療分野に取り組んでいます。

富士フイルムの技術と知見の海から生まれた技術製品特集。イノベーションリポーターがご案内します。



ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します



ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る