ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します
[写真]

リコンビナントペプチドの用途

動物由来成分を含まない(ゼノフリー)リコンビナントペプチドは、各種細胞の培養、生体内への移植、DDS基材などさまざまな用途に利用でき、再生医療や医薬分野など幅広い分野への応用が期待できるバイオマテリアルです。

例えば、下記のような応用の可能性があります。

ラット頭蓋骨再生例

ラット頭蓋骨再生例

  • 骨、軟骨、皮膚、神経、血管の再生
  • 創薬スクリーニング
  • ドラッグデリバリーシステム(DDS)基材

日本語|English

  • お問い合わせ
  • リコンビナントペプチド(RCP)に関するお問い合わせはこちらから

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る