ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します
[写真]

リコンビナントペプチドの加工形態

富士フイルムの独自技術を用いることにより、スポンジ、顆粒、多孔質粒子、フィルムなどさまざまな形態が可能です。

例えば、細胞は種類ごとに特性が異なるため、細胞培養において、構造や形態の微妙な違いが細胞増殖性に大きく影響します。リコンビナントペプチドは、各種細胞に適した構造形態に加工することができます。

リコンビナントペプチド(RCP)の加工形態

特徴/特性

目的に応じた加工

  • - 加工形態
    • * スポンジ
    • * 顆粒
    • * 多孔質粒子
    • * フィルム
  • - 三次元構造化
    • * 多孔性・無孔性
    • * 等方性・異方性孔
    • * 厚み
  • - 生体内での分解吸収速度

くわしい情報はお問い合わせ下さい。

日本語|English

  • お問い合わせ
  • リコンビナントペプチド(RCP)に関するお問い合わせはこちらから

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る