ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

FUJIFILM DR CALNEO Smart V : 機能・特長 NEW

 

[画像]FUJIFILM DR CALNEO Smart V

ハードな医療現場でも、さらに安心感を高めるハイレベルな清潔・防水・堅牢性を兼備

IPX6準拠の防水性能

[写真]IPX6準拠の防水性能

液体などが浸入しにくい構造で、あらゆる方向からの噴流にも耐える防水規格IPX6に準拠(*3)。血液や嘔吐物が浸入する心配がありません。

ふき取りやすいフラット形状

凹凸が少ないフラット形状を採用。汚れが落としやすく、作業の効率化を促進します。

堅牢性を高めるフレーム構造-耐荷重310kg

独自考案のSRM (*4)フレームは、フレーム内部全体にリブ補強することで、軽量設計ながら全面耐荷重310kgを実現。さらに、パネルの耐曲性にも効果を発揮します。

カセッテDR・初(*1)新技術「Hydro Ag」で約100倍の抗菌性能

従来の銀系コートに比べて、約100倍(*2)の抗菌性能を発揮するコート技術「HydroAg(ハイドロエージー)」でパネル全面をコーティング。高い抗菌性能により細菌の増殖を防ぎ、効果も長期持続。超親水バインダーで、汚れも落ちやすく清潔で衛生的にご使用いただけます。

[写真]

*1 FUJIFILM DR CALNEO Smart Vは、世界で初めての抗菌仕様に対応したカセッテDRです。
*2/*3 製品の特性上、その効果を将来的に常に保証するものではありません。
*4 Shell-Shape with Rib Magnesium-Alloy

DRなら読み取り装置が不要、ストレスフリーなワークフローを実現

スムーズ&スピーディーな撮影

X線照射後約1秒で画像が表示され、約9秒間隔で次の撮影が可能。画像を素早く確認して、スムーズに次の撮影へと移行できます。

カセッテ交換をしないで次の撮影が可能

複数部位の撮影の際、従来のCRカセッテなどを用いた撮影時に必要とされた煩雑な作業を解消。撮影効率の向上に貢献します。

読み取り装置が不要、省スペース化に寄与

従来のCRカセッテなどを用いた撮影方式で必要とされた読み取り装置や現像機が不要で、診療スペース全体の有効活用を促進します。

自動X線検出機能「SmartSwitch®」搭載

[写真]SmartSwitch

カセッテDRが自動でX線の発生を検出する、自動X線検出機能「Smart Switch®」を搭載。あらゆるX線発生装置との接続が不要でスムーズな連携を可能にします。

[写真]

独自の画像読取方式に加え、ノイズ低減回路を搭載。感度・画質をさらにレベルアップ

読み取り技術「ISS方式」が、高感度化を促進

従来型のFPDとは反対側のX 線照射面側に光センサー(TFT)を圧着した「ISS 方式」による間接変換方式FPDを採用。これにより、X線信号の散乱・減衰を大幅に抑制し、少ないX線量でシャープな画像を実現しました。
CALNEO Smart V Sシリーズでは、X線エネルギーをデジタルに変換する機構を最適化し、DQE31%(1Lp/mm・1mR)を達成しています。

[写真]

ノイズ低減回路で、低濃度部の感度が向上

[写真]

独自に開発したノイズ低減回路によって、撮影画像のノイズを低減。低濃度領域の粒状性を改善し、画質の向上を図りました。

撮影画像を最適化する画像処理技術

[写真]

適切な濃度とコントラストの画像を得るために自動的に画像調整をする「EDR:自動濃度補正機能」、モニターでの診断に最適な画像を提供する「Dynamic Visualizationや、シャープネスを強調し、金属アーチファクトを低減する「MFP:マルチ周波数処理」など、撮影画像を最適で高画質にする画像処理技術を用いています。

画像処理と多彩な機能で、正確・迅速な診断をサポート

プリセット画像処理

よく使う画像処理をキーボードのテンキーボタンひとつで簡単に変えられる、プリセット画像処理機能を搭載。診断目的に応じた画像をスピーディーに提供します。

[図]操作例[図]操作例

ブックマーク登録

[写真]

指定した画像を症例名でブックマーク登録することで、簡単に症例画像集が作成できます。ほかのペットの同一部位画像を比較表示することで、飼主さまに解りやすく説明できます。

医用画像の世界標準規格DICOM Part 14対応出力

ほかの画像システムで運用する場合でも最適な画像が出力できます。(DICOM画像/JPEG画像)

VHS計測

[写真]VHS計測

VHS計測は、モニター上でのマウス3回ドラッグで測定準備完了です。拡大・強調処理をしながらの測定も可能。読影の効率化を実現します。

黒化処理

[写真]黒化処理

X線照射外の白抜けした部分を自動認識し塗り潰すことで、読影時の視認性を向上する事ができます。

知りたい情報を、どこでも確認

モバイルクライアント NEW

撮影室やデスクトップ端末がない診察室など設置スペースが十分に確保できない場所でも、CR /DRの制御・撮影状況の確認、画像確認ができます。

WEB View 機能 NEW

iPadやWindowsタブレットなど各種モバイル端末や電子カルテ端末でV Station Tに保存された画像を閲覧できます。

※サポートするOS/ブラウザ、連携可能なカルテベンダーは別途お問い合わせください。

システム構成

システム構成例

デジタルX線、超音波、検体検査など、多彩なラインアップで動物病院をサポートします。

[写真]システム構成例

  • 富士ドライケムNX500V/販売名:臨床化学分析装置 富士ドライケムNX500iV 承認番号:農林水産省指令24動薬第2235号
  • FAZONE CB V/販売名:FUJIFILM 超音波画像診断装置 FAZONE CB V 承認番号:農林水産省指令23動薬第2276号-3
  • 富士ドライケム IMMUNO AU10V/販売名:富士ドライケムAU10V 承認番号:27動薬第2595号

CALNEO Smart V シリーズ

[写真]CALNEO Smart V シリーズ

お問い合わせ・資料請求

この製品・ソリューションに関するお問い合わせ、資料請求は、富士フイルムVETシステムズ株式会社までお気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ
電話番号一覧
ウェブでのお問い合わせ"
お問い合わせフォーム

ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る