ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

紫外線カット剤(UV吸収剤)

 

[写真]COMFOGUARD-UV

紫外線を低着色でカット

[図]

オゾン層を抜け、地上に届く紫外線は280nm~400nmの領域であり、280nm~320nmまでをUVB、320nm~400nmまでをUVAと呼びます。
また、UVAの中でも370nm~400nmの紫外線を富士フイルムは「Deep UVA」と呼んで区別しています。

これら紫外線は、肌の日焼けやシミの元であり、また皮膚の弾性を失わせ老化を促進させると言われています。特に「Deep UVA」は人間の肌の奥まで到達して影響をおよぼすと考えられます。

従来の紫外線カット剤は、カットする領域を長波長化するほど強い着色を伴っていました。そのため、比較的低着色でカットできる領域は主に280nm~370nmまででした。しかし富士フイルムのCOMFOGUARD-UVは、これまでカットできなかった370nm~400nmの領域までも含め、紫外線のすべての領域をカットし、かつ低着色を実現することに成功しました。


[図]

低着色を実現した仕組み

[図]

従来の紫外線カット剤で紫外線の最大値400nmまでをカットしたい場合、目的以外の可視光領域も多くカットしてしまうため、着色度が高くなっていました。
しかし、富士フイルムのCOMFOGUARD-UVは、可視光域を必要以上にカットする事無く、所望のカット性能を達成できるため、400nmまでカットしつつ、従来よりも低い着色度を保つことができます。

特徴・透過スペクトル・物性

特徴

  • UVA/ブルーライトカット(440nm以下)&低着色(UV-001、002、008、開発品A、B、C、D)
  • DeepUVAカット&高耐光性(UV-011)

透過スペクトル

[図]

物性

素材名 カット波長
(nm)
融点
(℃)
外観 耐熱性
TG-DTA
10%重量減少
温度(℃)
溶解性
(g/100ml)
添加方法 特徴
UV-001

< 380

308

粉末

330

< 1(有機溶剤)
< 1(水)
・樹脂への練り込み
(PET、ポリカーボネート)
・低着色性
・高耐熱性
UV-002

< 420

62

粉末

269

> 30(トルエン)
< 1(水)
・樹脂への練り込み
(ウレタン、ポリエチレン)
・有機溶剤またはバインダーへの溶解
・低着色性
・高溶解性(有機溶剤)
UV-008

< 420

332

粉末

342

< 1(有機溶剤)
< 1(水)
・樹脂への練り込み
(PET、ポリカーボネート)
・低着色性
・高耐熱性
UV-011

< 400

249

粉末

340

> 1(メタノール)
> 1(メタノール)
< 1(水)
・ゾルゲル液への溶解 ・高耐光性
・シランカップリング剤と反応
開発品A

< 390

362

粉末

352

< 1(有機溶剤)
< 1(水)
・樹脂への練り込み
(ポリカーボネート)
・低着色性
・高耐熱性
開発品B

< 400

375

粉末

372

< 1(有機溶剤)
< 1(水)
・樹脂への練り込み
(ポリカーボネート)
・低着色性
・高耐熱性
開発品C

< 430

307

粉末

350

< 1(有機溶剤)
< 1(水)
・樹脂への練り込み
(PET、ポリカーボネート)
・低着色性
・高耐熱性
開発品D

< 440

325

粉末

352

< 1(有機溶剤)
< 1(水)
・樹脂への練り込み
(PET、ポリカーボネート)
・低着色性
・高耐熱性

用途に合わせた加工方法

COMFOGUARD(UV,VIS,IR)は粉状の素材で、高溶解性や高耐熱性等、用途に応じた特性のものを選択可能です。
そのためコーティング、または樹脂に練り込む等、用途に合わせた豊富な加工方法に対応できます。

[図]

関連製品

特定の不要な可視光線波長(400~800nm)を選択的にカットできる、粉状の素材です。

特定の不要な赤外線波長(800~1500nm)を選択的にカットできる、粉状の素材です。

参考

有機化合物の開発を支える富士フイルムの技術力
私たちは、写真感光材料を出発点に、性能やコストの差別化に貢献する数々のコア技術を磨き、新たな製品や素材の開発に生かしてきました。


ご購入、ご使用にあたって

  • 当サイトに掲載した化学薬品には、既存化学物質として登録されていない新規化学物質があります。新規化学物質を試験・研究以外の用途に利用される場合の法対応などに関するご相談も承りますので、その必要がある場合は当社までお問い合わせください。
  • 当社は出荷された化学薬品の使用、販売にあたり、その化学薬品自身の使用や他製品との併用、あるいは何らかの工程操作が、日本国内や外国の特許に抵触しないことを保証いたしません。
    当サイトに掲載した化学薬品に関する当社特許の使用許諾については、別途ご相談ください。
  • 当サイトに記載の用途は、当該用途への適用結果を保証するものではございません。
    貴社にて十分なご検討の上、ご採用いただきますようお願いいたします。
  • 当サイトの仕様につきましては、商品、品質改良などの理由により、予告なく変更することがございます。

お問い合わせ・資料請求

製品の資料請求・お問い合わせは、富士フイルム(株)産業機材事業部で承っております。Webより問い合わせフォームをご利用ください。
なお、サンプルのご依頼に関しましては数量・用途などによってはご希望に沿いかねる場合があります。あらかじめご容赦お願いいたします。

Webでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム

ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します



ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る