ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

はじめての方の選定ガイド""

この度は圧力測定フィルム「プレスケール」をご検討頂き、誠にありがとうございます。
製品を新たにご検討頂くお客様のために、製品の選定ガイドを作成しました。
品種の選定から購入先等、よくあるご質問を基に作成しております。

1. 圧力値の確認

圧力測定フィルム「プレスケール」は、圧力帯(MPa)が品種毎に分かれており、まずは、お客様の環境下での圧力値の確認が必要です。

<圧力値(MPa)の算出方法について>

1 MPa = 1 N/mm2 ≒ 10.2 kgf/cm2

上記の式にもあるように、圧力値を出す場合には「質量(kg)」又は「力(N)」に加えて面積(mm2又はcm2)が必要となります。例えば100kgが100mm2に対して掛かる場合、100(kg)/1(cm2)=100kgf/cm2となりますので、10.2で割ると100kgf/cm2/10.2=9.8 MPaとなります。(実際の例)

重さ
kg
÷
面積
cm2
1000 MPa 1000 PSI

2. 品種の選定

さて圧力値の確認が終わったら、品種の選定が必要です。プレスケールは7品種に分かれており、下記図より(1)で確認した圧力値に合う品種を選定しましょう。

先程の例で申し上げると、9.8MPaでしたので2.5-10 MPa用の低圧用(LW)が適切な品種となりますね。

<品種の選定について>

圧力を掛けた際に、濃度分布がフィルム内で確認出来るフィルムが適正です。
(低圧過ぎると発色が飽和状態に、高圧だと発色しません)

3. ロールかシートか

ここで疑問が出てくるのが、「プレスケール」と「プレシート」の違いです。
結論から申し上げると、2つに性能の違いはありません。
「プレシート」は「プレスケール」をカットし、より少量でお買い求め安くしたものを便宜的にプレシートと称しております。実際には「プレスケールのカット品」ですね。巷ではプレシートを更に「PS(LWPS等)」などと言われてたりもしています。

お客様の環境に合わせて、どれぐらいのサイズ・量が必要かご検討ください。
少量でまずはお試し、という場合には「シートタイプ」を、サイズが大きいものが必要だという場合には「ロールタイプ」をご検討ください。

4. どこで買えるのか?

品種の選定に必要な圧力値と、適切な品種を選べましたね。
次は、「どこで買えるのか?」です。

プレスケールは一般の日曜大工店では販売しておりません。
一般企業様であれば、「機械工具・計測機器・理化学」系の商社様とお付き合いがあれば基本的にはどこでも入手が可能です。
また個人のお客様であれば、弊社関連会社運営の「FBSネットショップ」よりご購入頂けます。

「機械工具・計測機器・理化学」系の商社様
※納期・最低発注数はお取引先様にご確認をお願い致します。

FBSネットショップはこちら

https://www.fbs-netshop.jp/
※納期・最低発注数はお取引先様にご確認をお願い致します。

その他、「プレスケール」と検索頂くと様々な通販サイトでのご購入が可能です。(但し、FBSネットショップ以外は非公式での販売となりますのでご購入の際には内容をきちんとご確認ください。)

以上が購入までの選定手順です。
尚、製品概要や使用事例等を確認したい場合には、下記リンクよりカタログをダウンロード頂けますので是非ご利用ください。

カタログDLページ

購入後のご利用方法についてのお問い合わせは「Q&A」をご確認頂けますと幸いです。

Q&Aページ

その他ご不明な点がございましたら、下記よりお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

活用事例集はこちら

資料請求・お問い合わせについて

製品のご購入・お問い合わせは、富士フイルム(株)で承っております。

ネットショップからご購入

プレスケール関連製品 該非判定書の発行について

  • ウェブからのお問い合わせ
  • ウェブからのお問い合わせ
  • この製品についてのお問い合わせ
  • 活用事例集お申込み

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る