ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

Form Magic 4 Standard Edition : 機能詳細

 

[画像]Form Magic 4 Standard Edition

提供方式

お客さまのさまざまなニーズに応えるために「購入方式」と「年間ライセンス方式」の二つの方式をご用意しております。

購入方式

ソフトウェアを購入するため利用期間に制限はありません。「サポート保守」を利用するためには別途サポート保守契約を結ぶ必要があります。

年間ライセンス方式

1年使用可能な期間ライセンスです。ライセンスの中に「サポート保守」の費用が含まれています。ライセンスの更新は、ライセンス期間の終了前に更新のご相談をさせていただきます。

機能一覧

Form Magic 4 Standard Editionの機能は次のとおりです。

凡例
標準機能としてサポートしています。
別途オプションの購入が必要です。

  機能 対応状況
文字組版 縦組対応
フォント指定(合成フォントの指定可能)、文字サイズ、行間、最低行間、文字揃え、最大行数、長平体、文字間、文字組みアキ量設定、文字色、文字の回転、行揃え(行頭、行中心、行末、頭末揃え、頭末アキ)、インデント(左/上、1行目、右/下)、行折り返し方式(追い込み優先、追い出し優先、調整量を優先)、ぶら下がり(標準、強制、ぶら下がりをしない)、縦数字の縦中横、縦組中の欧文回転
文字あふれ時の詰め込みルールのカスタム設定
複数行のあふれ詰め込み処理が可能。文字サイズ、変形率、行間であふれ詰め込みルールを設定可能
自動判断組機能 任意組版項目のデータ有り無しや文字長に応じて、バランスよく組版するためのルールを設定可能
画像組版 画像枠のサイズ・形状指定(矩形、角丸、楕円、自由図形)、画像の自動縮尺
バーコード組版 郵便バーコード
QRコード(モデル2・マイクロQR)
商業バーコード:JAN/UPC・ITF・NW7・CODE39・CODE128/GS1-128(旧UCC/EAN-128)・INDUSTRIAL・ISBN・定期刊行物コード(雑誌)・GS1-128(旧称UCC/EAN-128)(*1)
表組版 行数・行高・列数が変化する可変表対応
ヘッダー組版機能(組版データを使ったヘッダー組版、組版データにないヘッダーを組版、条件指定によるヘッダーの発生)
表の分割、表分割時のヘッダー再発生、セル分割、表内表(表の入れ子)、表・行・セルの背景色指定、表・行・セルの罫線指定、キー要素を指定した列の拡張
グラフ組版 組版データごとに内容の異なるバリアブルグラフ組版機能(*2)
データ加工機能(ロジック) データにない文字の追加発生、3桁カンマの自動挿入、字取りスペースの自動挿入、文字列置換(正規表現可)、漢数字変換、半角全角統一、ナンバリング、ルビ、XPath指示によるデータ抽出、欧文級上げ、四則演算、条件式の挿入、日付形式変換、位置・文字数を指定したデータからの文字取得、ユーザオリジナルスクリプト(JScript)の挿入、小数点有効桁数の指定、ファイルパスの変換、ページ番号の挿入、Photoshop連携(イメージバリアブル)、Photoshop連携Plus(イメージバリアブル)、Illsutrator連携(イメージバリアブル)、キー要素の指定
原稿データ形式 Unicode:区切り記号付テキスト(CSV/TXT)、XML
シフトJIS:区切り記号付テキスト(CSV/TXT)、RDB(Access、SQL Server、Oracle)、XML
対応画像形式 EPS、TIFF、BMP、JPEG、PNG
PDF(*3)
対応フォント形式 OpenType、TrueType
コマンド組版実行 GUIを介さないコマンドによる組版実行が可能(*4)
出力 PostScript出力(FormedPS出力)
PPML出力(PXシリーズPrint Server、Xcellent RIP向け)
FreeForm1、2出力(Fiery RIP向け)
EPS出力(Generic EPS)
JPEG、PNG出力(解像度指定可)
プレビュー出力
PDF出力(*5)(PDF/X-1a:2003対応可)
IDML出力(*6)
CMS対応 Windowsカラーマネジメントシステムを利用して、選択したICCプロファイルに従った色変換が可能
面付け 配列、中綴じ、串刺し面付け、任意面付け位置の調整、小組の多丁付け機能
*1 商業バーコードを使用するには、バーコードオプションの購入が必要です。
*2 バリアブルグラフ組版機能を使用するには、グラフオプションの購入が別途必要です。
*3 台紙、可変画像としてPDFを使用するには、PDF In/Outオプションの購入が必要です。
*4 コマンド組版実行をするには、コマンドライン実行オプションの購入が必要です。
*5 PDF出力をするには、PDF In/Outオプションの購入が必要です。ただし、PDF出力する場合は、台紙・可変画像にEPSは使用できません。
*6 IDML出力をするには、InDesign連携(IDML出力)オプションの購入が必要です。

推奨動作環境

  FormMagic4 Standard Edition FormMagic4 Server
CPU Core2Duo 1.2GHz以上
メモリ 1GB以上
HDD 20GB以上 80GB以上
OS Windows Vista SP2、7 SP1、8、8.1、10
(32bit/64bit版アプリを提供)
Windows Server2008、2008 R2、2012
(Windows Server2008 R2、2012用に64bit版アプリを提供)

オプション紹介

InDesign連携(IDML出力)オプション

InDesign IDML形式で出力するためのオプションです。

PDF In/Outオプション

PDFを台紙・可変画像に使用したり、PDF形式で出力したりするためのオプションです。

※ PDF形式で出力する場合、台紙・可変画像にEPSは使用できません。

グラフオプション

次のグラフを組版可能にするオプションです。
縦棒、横棒、折れ線、円、面、散布図、株価チャート、バブル、レーダーチャート、ピラミッド

バーコードオプション

次のバーコードの組版に対応するためのオプションです。
JAN/UPC、ITF、NW7、CODE39、CODE128/GS1-128(旧UCC/EAN-128)、INDUSTRIAL、ISBN、定期刊行物コード(雑誌)

テンプレート設計ツール追加オプション

テンプレート設計ツール<印刷出力機能はありません>を追加するためのライセンスです。

コマンドライン実行オプション

GUIからではなく、コマンドラインで組版実行するためのオプションです。

お問い合わせ・資料請求

この製品・ソリューションに関するお問い合わせ、資料請求は、富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ(株) シンプルプロダクツ事業部までお気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ
富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ(株) シンプルプロダクツ事業部 03‐6419‐0550
ウェブでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム

ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る