ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

OrbitMagic® 2 : 基本機能

 

[画像]OrbitMagic® 2

システム全体概念図

[図]システム全体概念図

データ&ファイルを一元管理

掲載情報データベースを標準搭載

[図]掲載情報データベースを標準搭載

商品情報を媒体/号の単位で管理する掲載情報データベースを標準搭載。過去の掲載情報を紙ではなくデータベースで閲覧でき、CSVファイルで取り出せますので情報の再利用性が高まります。

素材ファイルはサーバで一元管理

[図]素材ファイルはサーバで一元管理

InDesignファイル、リンク画像ファイルもサーバで一元管理され、ファイルの開閉、画像の貼りこみもサーバからおこなうようにシステム化されています。お仕事のスタイルを“個人依存”から“チーム共有”へ変革します。

データベース入力編集用のWebアプリケーションを搭載

[図]データベース入力編集用のWebアプリケーションを搭載

いつでも最新情報を閲覧できるWebアプリケーションを搭載。掲載情報の入力や、文字校正時の修正指示ツールとして、時間を気にせずにいつでもお使いいただけます。

※ チラシパックCSV版には本機能は搭載されません。

データベース⇔InDesign 双方向連携

InDesignの修正内容をデータベースに反映

[図]InDesignの修正内容をデータベースに反映

InDesignでの修正内容を、ファイルの保存と同時にデータベースにフィードバックしますので、下版と同時にデータベースを最新の状態に更新できます。
POP、注文票などの制作や、顧客管理のECサイトへの最新情報の配信などの2次利用にご活用いただけます。

データベースの修正内容をInDesignに反映

[図]データベースの修正内容をInDesignに反映

データベースの修正内容をInDesignに反映できます。
値の変更だけでなく、商品数の追加、削除指示も反映されますので、段階的な顧客の原稿提供に合わせて、制作を進行できます。

自動組版&DTP編集支援

InDesignで作成したデザインを自動組版テンプレートとして利用可能

[図]InDesignで作成したデザインを自動組版テンプレートとして利用可能

専用パレットを操作し、InDesignで作成したデザイン上のテキスト、画像フレームとデータベースの項目を関連付けるといった単純作業で、自動組版テンプレートを作成できます。

別テンプレートで再流し込み

[図]別テンプレートで再流し込み

DTP編集中に任意の小組を別のテンプレートに再度流し込めます。

データベースの状態を維持してデザインをまとめ合成

[図]データベースの状態を維持してデザインをまとめ合成

DTP編集中にデータベースの状態(データ件数、項目数)を維持しながら、複数小組の任意項目をワンタッチでまとめ合成できます。

お問い合わせ・資料請求

この製品・ソリューションに関するお問い合わせ、資料請求は、富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ(株) シンプルプロダクツ事業部までお気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ
富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ(株) シンプルプロダクツ事業部 03‐6419‐0550
ウェブでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム

ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る