ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


お知らせ

Bookmark and Share
 

世界最大の半導体受託製造会社である
Taiwan Semiconductor Manufacturing Company Limitedから
「Excellent Performance Award」を受賞

2014年12月10日

富士フイルム株式会社

富士フイルム株式会社(社長:中嶋 成博 以下、富士フイルム)の半導体材料事業子会社である富士フイルムエレクトロニクスマテリアルズ株式会社(社長:御林 慶司 以下、FFEM)は、世界最大の半導体受託製造会社であるTaiwan Semiconductor Manufacturing Company Limited(チェアマン:モリス・チャン 以下、TSMC)より、「Excellent Performance Award」 を受賞しました。

今回の受賞は、2012年度に続き、2度目の受賞です。半導体材料であるCMPスラリーの生産およびR&D機能の現地化や、半導体材料の開発における緊密な協力が貢献を果たしたと認められました。

TSMCは、毎年末に開催する「Supply Chain Management Forum」で、優れた実績を挙げたサプライヤーを表彰しています。14回目となる今回は、“Collaborate and Win Together (手を取りあって未来を勝ち取ろう)”というテーマの下、600社以上のサプライヤーが参加しました。その中から、半導体製造工程で使用される先端プロセス材料と製造機器の供給において多大な貢献を果たしたサプライヤーとして「Excellent Performance Award」に選出され、12月4日、台湾新竹市にて開催された同フォーラムで表彰されました。

今回の授賞にあたり、TSMC シニア・バイス・プレジデント&CIOのスティーブ・ツォー氏は、「『Excellent Performance Award』の受賞をお祝いいたします。これは、FFEMのCMPスラリーや先端フォトリソグラフィ材料に関する優れた供給能力を称えたものです。FFEMは、技術的・品質的な改善を積極的に推進しながら、TSMCを継続的に支援してくれました。来年も、共に仕事ができることを楽しみにしています」と述べています。

富士フイルムは、半導体材料事業を成長分野の一つとして位置づけ、先進・独自の技術によりグループ会社であるFFEMを通じて積極的に事業を展開しています。FFEMは日本、米国、ベルギーに開発・生産拠点を持つとともに、台湾、韓国、中国に生産拠点を置き、半導体製造工程で使用されるフォトレジスト・洗浄液・CMPスラリーなどの先端プロセス材料および機器をグローバルに供給し、半導体分野の発展に貢献しています。

本件に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。

  • 報道関係 富士フイルム株式会社 コーポレートコミュニケーション部
  • TEL 03-6271-2000
  • お客様 富士フイルムエレクトロニクスマテリアルズ株式会社 経営企画部
  • TEL 03-3406-6914
  • 富士フイルム ウェブサイト http://fujifilm.jp/
  • 富士フイルムエレクトロニクスマテリアルズ ウェブサイト http://ffem.fujifilm.co.jp/

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る