ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


お知らせ

Bookmark and Share
 

「FUJIFILM X-Pro2」ファームウエアVer.2.0公開のお知らせ

2016年10月6日

富士フイルム株式会社

お客さま各位

富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、「Xシリーズ」のフラッグシップモデルであるミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-Pro2」(以下、「X-Pro2」)に対するお客さまのご要望を反映するため、「X-Pro2」の性能を大幅に向上させるファームウエア「Ver.2.0」を、本日より無償提供いたします。

本ファームウエアを適用することで、AF精度、フラッシュ撮影機能、操作性などの面において、より一層の高性能化を達成し、「FUJIFILM X-T2」(以下、「X-T2」)と共に、「Xシリーズ」の「ダブルフラッグシップ」の一翼を担うカメラとして、より高品質な写真を撮影いただけます。

主な内容:

  1. 「X-T2」に搭載された新しいAFアルゴリズムを「X-Pro2」に適用いたします(AF-Cカスタム機能を除く)。その結果、より正確なAFを実現し、AF-CでのAF追従性能も向上しました。また、測距点数が通常時91点(現行77点)、最大325点(同273点)に増加し、よりフレーミングの自由度が向上します。
  2. 11月17日発売予定のハイエンド多機能外部フラッシュ「クリップオンフラッシュ EF-X500」(以下、「EF-X500」)に対応し、最大3つのグループに分けたフラッシュ群をワイヤレスでTTL調光させることが可能です。また、同じく「EF-X500」との組み合わせでハイスピードシンクロ撮影ができます。
  3. オートパワーオフ機能に新たに15秒、30秒、1分のタイマーを新設しました。また、今までエコノミーモード時のみだった省電力機能が「ハイパフォーマンス」「スタンダード」の各動作モードにおいても適用可能です。その結果、待機中の電力消費を、より効果的に抑制できます。
  4. AFフレーム補正OFF時においてもパララックスに連動した測距点位置を表示でき、光学ファインダー使用時のピントの「中抜け」現象を抑制することができます。

上記と合わせて合計20項目に及ぶ機能向上、改善を行います。詳細は、下記ファームウエア公開先をご参照ください。

【ファームウエア公開先】

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • 富士フイルム FinePix サポートセンター
  • TEL 050-3786-1060
  • 受付時間 :9:30~17:30(月~金)/10:00~17:00(土・日・祝) ※年末年始を除く
Bookmark and Share

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る