ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


お知らせ

 

X-Trans CMOS 4、X-Processor 4を搭載した第4世代システムの機能が大幅に進化
「FUJIFILM X-T3」の最新ファームウエアを無償提供

静止画・動画撮影時の顔検出/瞳AFの追従性・安定性を大幅に向上させ、新機能「顔セレクト」を搭載

2019年2月14日

富士フイルム株式会社

お客さま各位

富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、デジタルカメラ「Xシリーズ」の最新ファームウエアを2019年4月より無償提供します。今回のファームウエアは、日ごろ「Xシリーズ」をご使用のお客さまからいただいた、操作性向上や機能追加に関するご要望を反映させたものです。

今回のアップデートは、「Xシリーズ」第4世代となるX-Trans CMOS 4、X-Processor 4を搭載した「FUJIFILM X-T3」(以下、「X-T3」)を対象とし、主な項目は以下です。

富士フイルムは、今後もデジタルカメラを長く、安心してお使いいただけるよう、お客さまのご要望を積極的に取り入れながら、継続的に性能向上を図っていきます。

主な内容:
■ 2019年4月公開:X-T3

ファームウエアバージョン:FUJIFILM X-T3 (Ver. 3.00)
1. 顔検出/瞳AFの追従性・安定性の向上
アルゴリズムの改善により、顔検出/瞳AFの追従性・安定性をさらに強化します。遠くにある小さな顔への検出性能は約30%向上し、遮蔽物が顔を横切った際にも安定して追従します。静止画はもちろん、動画撮影時の性能も大幅に改善します。

2. 新機能「顔セレクト」を搭載
顔検出ON時に複数の人がいた場合、合焦・追従・露出を合わせる顔を選択できる「顔セレクト」機能を新たに搭載します。タッチ操作、もしくはフォーカスレバーで任意の顔を選択することができます。
3. 距離が離れた被写体へのAF合焦スピードの向上
アルゴリズムの改善により、遠距離から近距離、もしくは近距離から遠距離にフォーカスを合わせる際のAF合焦スピードが大幅に向上します。
4. タッチパネルの使い勝手・反応速度向上
タッチパネル設定に「ダブルタップ拡大」、「タッチファンクション」のON/OFFを選べる機能(*1)を追加します。設定をOFFにすることでタッチパネルの反応速度が向上し、より快適にタッチショット、AF、フォーカスエリア選択などを行うことができます。

*1 初期設定では「タッチパネル設定」、「ダブルタップ拡大」、「タッチファンクション」すべてがOFFになっています。タッチパネルの反応速度向上を実感いただくには、セットアップメニューから「タッチパネル設定」をONにしていただく必要があります。

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る