ページの先頭です


サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

お知らせ

 

「NAB Show 2019」出展のご案内

2019年4月3日

富士フイルム株式会社

富士フイルム(社長:助野 健児)は、2019年4月8日から米国ラスベガスのLas Vegas Convention Centerにて開催される放送機器展示会「NAB Show 2019」に出展いたします。デザインを一新したブースにおいて、急速に普及が進む4K・8K映像に対応した放送用レンズや、本日発表した、ラージフォーマットセンサー(*1)対応のシネマカメラ用ズームレンズ「Premista」シリーズなど、富士フイルムの最先端光学技術を駆使した数多くの製品を出展いたします。

*1 対角の長さが43.2-46.3mm のイメージセンサー。

<出展概要>

1.放送用レンズ

8K対応の放送用レンズ「HP7.5x8.5」や、4K対応の放送用レンズ「UAシリーズ」を中心に、豊富なラインアップを出展いたします。「UAシリーズ」では、世界最高46倍(*2)ズームで、野生動物などを撮影するドキュメンタリー番組や報道取材などで威力を発揮するポータブルズームレンズ「FUJINON UA46x9.5」や、高倍率107倍ズームを備えスポーツやコンサート中継などに最適な箱型ズームレンズ「FUJINON UA107x8.4」などを出展する予定です。会場にて臨場感溢れる4K・8K映像をご覧いただけます。

*2 4K対応の放送用ポータブルズームレンズにおいて。当社調べ。2019年4月3日時点の公開情報に基づく。

[写真]

【参考出展】 開発中の「FUJINON UA125x8」「FUJINON UA18x7.6」「FUJINON UA23x7.6」を参考出展いたします。

(1)4K対応の放送用箱型ズームレンズ「FUJINON UA125x8」

世界最高(*3)125倍ズームを備え、広角8mmから望遠1000mmまでの幅広い焦点距離をカバー。
スポーツやコンサート中継などの多彩なシチュエーションで活躍するズームレンズです。

*3 4K対応の放送用箱型ズームレンズにおいて。当社調べ。2019年4月3日時点の公開情報に基づく。

[写真]

(2)4K対応の放送用ポータブルズームレンズ「FUJINON UA18x7.6」「FUJINON UA23x7.6」

4Kの優れた光学性能と小型軽量を両立。カメラを肩に担いで撮影する「ショルダースタイル」に求められる高い機動力を発揮します。

[写真]

これら3機種の開発を進め、「FUJONON ブランド」の4Kレンズラインアップを全14機種に拡充していきます。

2.シネマカメラ用ズームレンズ

本日発表したシネマカメラ用ズームレンズ「Premista(プレミスタ)」シリーズの標準ズームレンズ「FUJINON Premista28-100mmT2.9」を出展いたします。「FUJINON Premista28-100mmT2.9」は、ラージフォーマットセンサーに対応したズームレンズで、焦点距離28-100mmをカバーします。大口径非球面レンズと新開発のフォーカス/ズーム方式を組み合わせることで、映像の中心部から周辺部まで高い光学性能を発揮。同センサーの性能を余すところなく引き出し、圧倒的な解像力、美しいボケ味、ハイダイナミックレンジを活かした豊かな階調を実現します。また、現在開発を進めている、焦点距離80-250mmをカバーする望遠ズームレンズ「FUJINON Premista80-250mmT2.9-3.5」も出展いたします。
このほか、スーパー35mmセンサーに対応したシネマカメラ用レンズのフラッグシップモデル「HKシリーズ」をはじめ、高い光学性能と着脱可能なドライブユニットによる運用が好評の「ZKシリーズ」と「XKシリーズ」、高い光学性能と1kgを切る圧倒的な小型軽量化、優れたコストパフォーマンスを実現した「MKシリーズ」など、充実の既存ラインアップもご紹介いたします。

[写真]

3.ミラーレスデジタルカメラと豊富なフジノン交換レンズのラインアップ

世界で初めて(*4)4K/60P 4:2:2 10bitのHDMI出力と4K/60P 4:2:0 10bitのカメラ内SDカード記録に対応した「FUJIFILM X-T3」を出展いたします。「FUJIFILM X-T3」は、多彩な色調を実現する「フィルムシミュレーション」に、当社映画用フィルムの色・階調を再現した「ETERNA」モードを搭載。また、色や輝度などの編集が可能な「F-Log」にも対応するなど、自由度の高い豊かな映像表現を実現します。さらに、35mmフルサイズの1.7倍となる大型センサー搭載の中判ミラーレスデジタルカメラ「GFXシリーズ」も出展予定。現在開発を進めている、世界最高(*5)51億200万画素のイメージセンサーとボディ内手ブレ補正機構を搭載した「GFXシリーズ」のフラッグシップモデルも参考出展いたします。

*4 APS-Cサイズ以上のセンサーを搭載したミラーレスデジタルカメラにおいて。当社調べ。

*5 民生用ミラーレスデジタルカメラにおいて。当社調べ。2019年4月3日時点の公開情報に基づく。

[写真]

4.世界初(*6)の「屈曲型二軸回転機構レンズ」を搭載したプロジェクター「FUJIFILM PROJECTOR Z5000」

世界初の「屈曲型二軸回転機構レンズ」を搭載し、本体を動かさずにレンズの回転だけでさまざまな方向へ投写できる超短焦点プロジェクター「FUJIFILM PROJECTOR Z5000」を出展いたします。「FUJIFILM PROJECTOR Z5000」は、スペースの制約でこれまで置くことができなかった場所でも簡単に設置でき、従来投写できなかった方向にも迫力のある映像を映し出すことができるプロジェクターです。展示会場にて実機デモを行い、本製品の画期的な機能や高い性能をご体感いただけます。

*6 当社調べ。2019年4月3日時点の公開情報に基づく。

[写真]

■展示会基本情報

NAB Show 2019 公式 https://www.nabshow.com/
会期 2019年4月8日(月)~11日(木)
会場 Las Vegas Convention Center
富士フイルム ブース番号 Central Hall, C7225
出展製品に関するお問い合わせ

富士フイルム株式会社 光学・電子映像事業部 営業グループ
TEL 048-668-2143


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る