ページの先頭です


サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


お知らせ

 

「G20大阪サミット」のセキュリティカードで
当社偽造防止ラベル「FORGE GUARD®」が採用されました

2019年8月27日

富士フイルム株式会社

富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)の偽造防止ラベル「FORGE GUARD®(フォージガード)」が、このたび「G20大阪サミット」(2019年6月28日~29日)において発行されたセキュリティカードで採用されました。

「FORGE GUARD®」は、高い偽造防止性と容易な真贋判定性を備えた偽造防止ラベルです。本サミットでは関係者を証明・区分するセキュリティカードおよび通行車両証のすべての券面に採用され、セキュリティカードの偽造防止性向上とスムーズな本サミットの運営に貢献しました。尚、今回の「FORGE GUARD®」の仕様は、専用ビューワーをかざすとフルカラーで「G20サミットロゴマーク」を確認できるものです。

また本サミットでは、富士フイルムイメージングシステムズ株式会社のWEBアプリケーション型カード発行管理システム「CIMSA(シムサ)」がセキュリティカードの発行・管理で、クラウド型ファイル管理・共有サービス「IMAGE WORKS(イメージワークス)」がホスト写真提供業務(*1)で活用されました。

[写真]

「FORGE GUARD®(フォージガード)」について

「FORGE GUARD®」とは、専用ビューワーをかざすとフルカラーの潜像を確認できる偽造防止ラベルです。富士フイルム独自の技術の組み合わせにより高い偽造防止性を実現しており、専用ビューワーを使うことで誰でも簡単に真贋判定が可能です。現在、国内外において様々な用途で採用されています。

*1 メディア毎の取材とは別に、主催国が各国報道関係者に公式写真を提供する業務です。

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • 富士フイルム株式会社 産業機材事業部
  • TEL 03-6271-2313

関連情報


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る