ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


簡単で便利!お気に入りの写真をデジカメ・スマホプリントするならフジフイルムネットプリント

Share | Check
  1. ホーム
  2. フジしか知らない世界
  3. 第16回 実は世界のテレビ放送を支えているって知ってますか?レンズブランド「フジノン」の内覧会潜入レポート

フジしか知らない世界 第16回 実は世界のテレビ放送を支えているって知ってますか?レンズブランド「フジノン」の内覧会潜入レポート

みなさん「FUJINON(フジノン)」をご存じですか? フジノンは富士フイルムのレンズブランドで、デジタルカメラや双眼鏡、車載用レンズなど、さまざまな商品に「フジノンレンズ」が採用されています。そして、今回ご紹介するのは、テレビ制作の現場で使われる「放送用レンズ」。普段あまり馴染みのない世界ですが、実はフジノンレンズが大活躍しているんです。

これは知らなかった!
世界の放送制作に貢献する日本メーカーのレンズ

フジノンレンズの秘密に迫るため、やってきたのは「フジノン映像機器内覧会」。最新の放送用レンズを間近で見ることができそうです!

内覧会を案内してくれたのは、富士フイルム 光学・電子映像事業部の金子さんです。

さっそくですが、いまお持ちになっているのが放送用レンズですか?

金子「はい、こちらが『放送用TVレンズ』です」

金子「このように、ビデオカメラの前に取り付けて使います」

なるほど! ……あれ? でも、カメラには「SONY」とありますね。

金子「そうなんです。放送の世界では、カメラはカメラメーカー、レンズはレンズメーカーと、完全に分業体制になっています。さらにレンズに関しては我々フジノンと、キヤノンさんの2社しか作っていません。この2社で世界中の放送局にレンズを供給しています」

へぇ〜〜! それはまったく知りませんでした。ということは、世界のテレビ放送の映像は、日本メーカーのレンズで撮影されているわけですね! カメラとレンズを、それぞれ専業メーカーが作っているという意外な事実にもビックリ。放送用TVレンズ、まだまだ秘密がありそうです……。

放送業界のトレンドは「4K」!
目玉は世界一の107倍ズームレンズ

内覧会ということで、放送業界の方々もたくさん来場していますね〜。ところで、放送用TVレンズの現在のトレンドというのは?

金子「やはり『4K』ですね。4K対応テレビもかなり普及してきていますし、総務省でも2018年から4Kの実用放送を行うロードマップをひいています。
それも踏まえ、フジノンレンズとしても、より高解像度な4K放送に対応する高性能なレンズを開発しています」

あ、これはニュース番組なんかでたまに映るカメラじゃないですか? 放送局にあるような。

金子「おっしゃるとおりです。これはスタジオ・中継用のレンズで、カメラの前についた箱形の部分が、レンズ本体になります。大口径のレンズが40枚近く入っていて、レンズだけで20㎏以上ある重量級ですね。お値段も……かなりのものになります」

え〜と、例えば「車が買えるくらい」とか?(笑)

金子「レンズの種類や倍率にもよりますが、最上位のものだとスポーツカーが買えるくらいの価格のものもありますね」

そうなんですか! やはりプロの現場のものは、スケールが違いますね。

金子「こちらは世界でも最高倍率となる107倍ズームレンズです。」

ひゃ、107倍!? ちょっと想像できませんが、スゴそうですね。ちょっとズームしてみてもいいですか?

金子「もちろんどうぞ。まず、これが最も広角な映像です」

えーと、向こうになにか赤い台のようなものが見えますね。

おぉ、だいぶ見えてきました。テーブルにワインボトルと薔薇の花が置かれています。

金子「そしてこれが107倍です」

うわ〜、薔薇の花がこんなにアップに! この107倍ズームのレンズは、どんなシーンで使われているのでしょう?

金子「やはりスポーツ中継やコンサートなどでその真価を発揮するレンズだと思います。スタジアムの高いところからでも、選手やアーティストの表情やしぐさを、はっきりと映すことができます」

このような高性能なレンズのおかげで、スポーツ中継やライブ映像がより美しく、より魅力的なものになるんですね!

大きなレンズの品質を高める
「研磨精度」と「コーティング技術」

普段は目にできない「放送のプロの現場」を堪能できた内覧会でした。最後に、レンズに使われている“フジしか知らない”技術について伺えますか?

金子「レンズは非常に滑らかでツルツルしているように見えますよね。でも顕微鏡で見ると細かな凸凹があり、それを極限まで抑える技術が重要になります。

たとえばこのレンズは直径が20㎝ほどありますが、もしこれが直径100メートルの野球場だとしたら、レンズ表面の凸凹はどのくらいだと思いますか?」

これが野球場だとしたら、ですか!? そうですね。やっぱり石ころくらいの凸凹はあるんじゃないかと……。

金子「実は、このレンズが直径100メートルだとしても、表面の凹凸は髪の毛一本以下の歪みしかありません。富士フイルムの光学技術を支える『研磨精度』が活かされています」

野球場に落ちた髪の毛! それはもはや「凸凹」じゃないですけど、本当にすごい精度なんですね。「車が買えるくらいの値段」なのも納得です!

金子「もう一つ、レンズ表面のコーティング技術も極めて重要になります。レンズは透明ですが、ごくわずかに光を反射してしまいます。光が反射してしまうと、『フレア』や『ゴースト』といった、本来はない光が映ってしまいます。また、40枚ものレンズを使っているので、微量でも反射してしまうと、カメラのレンズに届く光がかなり弱くなってしまうんです。
それを防ぐために、レンズ表面に独自コーティングを行い、99.8%という高い透過率を達成しています」

大きなレンズの中に、富士フイルムのミクロの技術が活かされているんですね。

放送の世界の奥深さと、市販のビデオカメラとの違いに驚かされた内覧会でした。今日ご覧になったテレビ番組も、フジノンレンズを使って撮影された映像かもしれませんよ!
詳細はこちら

この記事は、役に立ちましたか?
はいいいえどちらでもない

backnumber

  • 第1回

    20年間押し入れに 眠っていた「ネガ」を、“どうにか”してみた。

  • 第2回

    センスに自信がないパパが“アルバム大使”に入門してきた!

  • 第3回

    【祝30周年!写ルンです】はじめましての子どもたち、お久しぶりの大人たちがフィルム写真を撮ってみた!

  • 第4回

    見たいのに見られない、
    「謎のテープ」から何かがはじまる?!

  • 第5回

    思い切ってエイっ!水の中にデジカメ突っ込んで撮影してみた!子どもも大人も楽しめる「デジカメ写真で自由研究!」

  • 第7回

    一生分の人生記録が一本に入っちゃう!?フジフイルムが開発する"すごいテープ"を見てきた!

  • 第8回

    年末恒例、1日がかりの大仕事が・・たった30分に!?"超時短"フジカラーの写真年賀状を試してみた

  • 第9回

    2017年は、家族写真で「マイカレンダー」!絆を深める“目からウロコ”のテクニックを聞いてきた

  • 第10回

    あの駅もこのビルも、そして…その列車も!ノウハウと職人ワザが実現する"巨大広告"の舞台裏

  • 第11回

    スマホ写真の毎日を、"写真を楽しむ毎日"にライフスタイルを変える!?「スマホ de チェキ」体験記

  • 第12回

    富士フイルムの得意分野で医療に貢献!"きれいな写真画像"が病気を見つけやすくするって本当?!

  • 第13回

    あなたの社員証ももしかして…!?“写真に強い”フジフイルムのIC・IDカード

  • 第14回

    "時を飾る"という、新しい価値。「ウォールデコ」が思い出を日常にする

  • 第15回

    かわいい! 飾りやすい! フォトジェニック! 写真のある毎日を身近にする「ましかくプリント」に注目

  • 第16回

    実は世界のテレビ放送を支えているって知ってますか? レンズブランド「フジノン」の内覧会潜入レポート

  • 第17回

    もっと“美しい私”でプリント!新サービス「美肌モード」の魔法

  • 第18回

    2大テーマパークや、サンリオピューロランドでも!アトラクションごとにオーダーメイドで対応

  • 第19回

    「押されると赤くなる」ただそれだけのフィルムが40年以上製造業の現場で支持されているヒミツとは!?

  • 第20回

    独創的な「ユビーク技術」で自動車シートにオリジナルデザインをオーダーできる時代が来る!?

  • 第21回

    銀(Ag+)のチカラで「持続除菌」!インフルエンザ対策にもおすすめの新・除菌習慣

  • 第22回

    1月1時間で素敵な家族のアルバムが完成「つづけるアルバム」が日本のアルバムを変える!

  • 第23回

    学校の思い出写真をインターネットでカンタン注文!高いセキュリティで選ばれる「フジフイルムスクールフォト」

  • 第24回

    「速い」「美肌」は当たり前! 画像ダウンロードやマイナンバーカード申請もOKな証明写真ボックス

  • 第25回

    デジタルミラーレスカメラが映画撮影の現場に!? Xシリーズ最新モデル「X-H1」開発秘話

  • 第26回

    視界の隅々までクッキリ&ハッキリ! 製造現場を支える機械の目「マシンビジョンレンズ」

  • 第27回

    美しい髪色がずっと長持ち! 花王との共同開発で生まれた「レインボー染料」とは?

  • 第28回

    全国33会場で今年も開幕!想いをつなぐ『50,000人の写真展』

  • 第29回

    “その道”では「いつかは手に入れたい」憧れ! フジノンの双眼鏡

  • 第30回

    「ひび」を見つけて社会を守る!「ひびみっけ」ってどんなサービス?

  • 第31回

    「もう一度、スポーツができる!」その喜びを支える最先端の再生医療「自家培養軟骨」

  • 第32回

    東京ミッドタウン「フジフイルム スクエア」で写真の歴史と文化、アートに触れる

  • 第33回

    膨大なデータを効率的に印刷!私たちの暮らしに欠かせない「自動組版」とは?

  • 第34回

    簡単だから続けられる。残っていく。スマホ×写真プリント=「かぞくのきろく」

  • 第35回

    皇居周辺をお好みのXシリーズで試し撮り散歩!デジカメと一緒に長く付き合える「富士フイルム イメージング プラザ」

  • 第36回

    3ステップで手軽に写真プリントを注文できる「超簡単プリント」をやってみた

  • 第37回

    “みせたくなる”本『PhotoZINE(フォトジン)』担当者が絶対に入れたかったこだわりポイントとは?

  • 第38回

    天然ガスの採掘現場で活躍する富士フイルムの「ガス分離膜」

  • 第39回

    自分だけの、家族だけの『フォトグッズ』「使って、贈って、うれしい」新しい写真の楽しみ方

  • 第40回

    「守る」「快適」そして…「見える」!ウィンドウフィルムは縁の下の力持ち


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る