ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


簡単で便利!お気に入りの写真をデジカメ・スマホプリントするならフジフイルムネットプリント

Share | Check
  1. ホーム
  2. フジしか知らない世界
  3. 第3回 【祝30周年!写ルンです】はじめましての子どもたち、お久しぶりの大人たちがフィルム写真を撮ってみた!
第3回 【祝30周年!写ルンです】はじめましての子どもたち、お久しぶりの大人たちがフィルム写真を撮ってみた!1986年の登場から30周年を迎えた『写ルンです』。今回は、さまざまな世代の方に、あらためて『写ルンです』で写真を撮っていただきました!大人にとっては”お久しぶり”。こどもにとっては”はじめまして”の『写ルンです』。そこには、懐かしくて、それでいて新鮮な、フィルムカメラの新しい楽しみ方がありました。

今日はデジカメ禁止?『写ルンです』縛りのファミリーキャンプで、子どもカメラマンが誕生!

さて、やってきたのは千葉県にある某キャンプ場。仲良し家族でのファミリーキャンプ、いつもはスマホのカメラやデジカメで“残り枚数を気にすることもなく”写真を撮ってしまいますが、今回のルールは、「『写ルンです』縛り!」。しかも、子どもたちに持ってもらうという趣向です♪

さて、どんな写真が撮れるでしょうか? 楽しみです!

どうやって撮るの?“自分だけのカメラ”に子どもたちも大はしゃぎ!

初めて手にする『写ルンです』に、興味津々の子どもたち。
自分のカメラはもちろん持っていませんが、普段からパパ・ママのスマホを借りて「写真を撮る」ことは経験している様子。現在は、そんなお子さんが多いのではないでしょうか?
とはいえ、彼らにとっては"写真は撮ったらスグに見られるもの"。『写ルンです』を手にしたときの第一声は、
「どこで写真を見るの?」でした(笑)。うんうん。そう思っちゃうよね。
「このギザギザのダイヤルを回したら、撮れるんだよ」
「でも、どんな写真が撮れたのかは、写真屋さんに行かないとわからないよ」
「27枚撮れるから、"撮りたいもの"をじっくり探して、好きなものを撮ってきてごらん」
だいたいそんなことを伝えて、あとは子どもたちの好きなように撮影してもらいました。

2日間のキャンプ、子どもたちはちょっともったいぶりながらも、27枚を撮りきりました。さて、どんな写真が撮れたでしょう……。でも、ちょっと待ってください。そこはやっぱり『写ルンです』。現像しないとわからないんです!

「どんな写真撮ったっけ?」スグに見られないのも、ワクワクの理由。

楽しかったキャンプ。「カメラが面白かった!」とご満悦の子どもたちですが、写真はまだ見られません。親である私たちも、子どもたちが『写ルンです』を通して、どんな世界を切り取ったのか、早く知りたくてたまりません!

一週間後、はやる気持ちを抑えて、写真屋さんに行ってきました。

写真屋さんに現像を頼むのも初めての経験。写真プリントと同時に、一緒に行った家族にシェアしやすいように、データCDも作ってもらうことにしました。あと少し待てば、"自分の撮った写真に会える!"。そのワクワクが味わえるのも、『写ルンです』の大きな魅力です!

現像写真に子ども大喜び!お手紙書いて写真を贈る…それも楽しい時間

撮影してから1週間、ついにお待ちかねの写真にご対面です!

お友達が撮った写真と、自分が撮った写真を比べて、「これ、私が撮ったんだよ!」と教えてくれます。やっぱり「自分があのとき撮った構図だ」というのがわかるんでしょうね。

さて、子どもたちが撮ったキャンプの様子、ちょっとだけご覧いただきましょう。

何も教えていないのに、結構フォトジェニックな写真がたくさんあって、なんだか"脱帽"です。そして、いつもは撮る側で写真にあまり写ることのないパパたちの写真がたくさんあったのも貴重でした。

できた写真は、お手紙をそえてお友達に贈ります。こんなアナログな"シェア"も、子どもにとってはワクワクするイベント。なんだか懐かしいきもちになりました。

写真を通じていろんな思い出を作ることができた、『写ルンです』縛りのファミリーキャンプ、大成功でした!

  • 「20ウン年前に使ってた人」もフィルムカメラに初めてさわる女子高生も!

    みんなの『写ルンです』写真館

さてお次は、いろいろな世代のみなさんに『写ルンです』をお渡しして、久しぶりの「フィルムカメラ」を使っていただきました。先ほどの子どもたちと同様、初めて『写ルンです』に触れる中学生から、往年のカメラ好き70代まで。
みなさんの『写ルンです』写真館をご覧ください!




『写ルンです』担当者インタビュー「20代の女性にアナログの良さがウケているんですよ」

最後に、30周年を迎えた『写ルンです』を担当する、富士フイルム イメージングシステムズの築地さんに、お話を伺いました。最近、若い世代にも『写ルンです』が人気だと聞きましたが、その真相は?

「おっしゃるとおり、今、20代の女性に『写ルンです』が人気なんです。ファッション誌のモデルさんやタレントの方が『写ルンです』ユーザーを公言してくれていたりして、その影響が大きいと思います。同時に、ネガフィルムならではのあたたかい色味や、淡いピントが、最近のデジタル写真にはないアナログ感をうまく表現していて、若い女性の世界観とマッチしているのかもしれませんね」

なるほど! でも、世の中はデジカメ一色になってしまっていますよね。そんな中で、『写ルンです』が支持される理由は何だと思いますか?

「30年前の『写ルンです』開発コンセプトは、『いつでも、どこでも、誰でも撮れる』でした。それが現在まで、変わらずに続いているんですね。
カメラ用のフィルムも手に入りにくくなっている現在、『写ルンです』はフィルム写真の最後の砦だといっても過言ではありません。デジタルカメラと共存しながら、フィルム写真ならではの表現をこれからも育てていきたいですね」
そんな築地さん、鞄の中にはマイ・ストラップを付けた『写ルンです』を常に入れているのだそう。30年にわたって、全国の人々の思い出を記録してきた“名作カメラ”は、これからも素敵な写真を私たちに届けてくれそうです。フジしか知らない『写ルンです』の魅力、いかがだったでしょうか?これからも、ここでしか見られない製品・サービスの裏側に密着していきますので、お楽しみに!
 「写ルンです」詳細はこちら!
【次回予告】
見るに見れない、
突然出てきた「謎のテープ」から
何かがはじまる?!


backnumber

  • 第1回

    20年間押し入れに 眠っていた「ネガ」を、“どうにか”してみた。

  • 第2回

    センスに自信がないパパが“アルバム大使”に入門してきた!

  • 第3回

    【祝30周年!写ルンです】はじめましての子どもたち、お久しぶりの大人たちがフィルム写真を撮ってみた!

  • 第4回

    見たいのに見られない、
    「謎のテープ」から何かがはじまる?!

  • 第5回

    思い切ってエイっ!水の中にデジカメ突っ込んで撮影してみた!子どもも大人も楽しめる「デジカメ写真で自由研究!」

  • 第7回

    一生分の人生記録が一本に入っちゃう!?フジフイルムが開発する"すごいテープ"を見てきた!

  • 第8回

    年末恒例、1日がかりの大仕事が・・たった30分に!?"超時短"フジカラーの写真年賀状を試してみた

  • 第9回

    2017年は、家族写真で「マイカレンダー」!絆を深める“目からウロコ”のテクニックを聞いてきた

  • 第10回

    あの駅もこのビルも、そして…その列車も!ノウハウと職人ワザが実現する"巨大広告"の舞台裏

  • 第11回

    スマホ写真の毎日を、"写真を楽しむ毎日"にライフスタイルを変える!?「スマホ de チェキ」体験記

  • 第12回

    富士フイルムの得意分野で医療に貢献!"きれいな写真画像"が病気を見つけやすくするって本当?!

  • 第13回

    あなたの社員証ももしかして…!?“写真に強い”フジフイルムのIC・IDカード

  • 第14回

    "時を飾る"という、新しい価値。「ウォールデコ」が思い出を日常にする

  • 第15回

    かわいい! 飾りやすい! フォトジェニック! 写真のある毎日を身近にする「ましかくプリント」に注目

  • 第16回

    実は世界のテレビ放送を支えているって知ってますか? レンズブランド「フジノン」の内覧会潜入レポート

  • 第17回

    もっと“美しい私”でプリント!新サービス「美肌モード」の魔法

  • 第18回

    2大テーマパークや、サンリオピューロランドでも!アトラクションごとにオーダーメイドで対応

  • 第19回

    「押されると赤くなる」ただそれだけのフィルムが40年以上製造業の現場で支持されているヒミツとは!?

  • 第20回

    独創的な「ユビーク技術」で自動車シートにオリジナルデザインをオーダーできる時代が来る!?

  • 第21回

    銀(Ag+)のチカラで「持続除菌」!インフルエンザ対策にもおすすめの新・除菌習慣

  • 第22回

    1月1時間で素敵な家族のアルバムが完成「つづけるアルバム」が日本のアルバムを変える!

  • 第23回

    学校の思い出写真をインターネットでカンタン注文!高いセキュリティで選ばれる「フジフイルムスクールフォト」

  • 第24回

    「速い」「美肌」は当たり前! 画像ダウンロードやマイナンバーカード申請もOKな証明写真ボックス

  • 第25回

    デジタルミラーレスカメラが映画撮影の現場に!? Xシリーズ最新モデル「X-H1」開発秘話

  • 第26回

    視界の隅々までクッキリ&ハッキリ! 製造現場を支える機械の目「マシンビジョンレンズ」

  • 第27回

    美しい髪色がずっと長持ち! 花王との共同開発で生まれた「レインボー染料」とは?

  • 第28回

    全国33会場で今年も開幕!想いをつなぐ『50,000人の写真展』

  • 第29回

    “その道”では「いつかは手に入れたい」憧れ! フジノンの双眼鏡

  • 第30回

    「ひび」を見つけて社会を守る!「ひびみっけ」ってどんなサービス?

  • 第31回

    「もう一度、スポーツができる!」その喜びを支える最先端の再生医療「自家培養軟骨」

  • 第32回

    東京ミッドタウン「フジフイルム スクエア」で写真の歴史と文化、アートに触れる

  • 第33回

    膨大なデータを効率的に印刷!私たちの暮らしに欠かせない「自動組版」とは?

  • 第34回

    簡単だから続けられる。残っていく。スマホ×写真プリント=「かぞくのきろく」

  • 第35回

    皇居周辺をお好みのXシリーズで試し撮り散歩!デジカメと一緒に長く付き合える「富士フイルム イメージング プラザ」

  • 第36回

    3ステップで手軽に写真プリントを注文できる「超簡単プリント」をやってみた

  • 第37回

    “みせたくなる”本『PhotoZINE(フォトジン)』担当者が絶対に入れたかったこだわりポイントとは?

  • 第38回

    天然ガスの採掘現場で活躍する富士フイルムの「ガス分離膜」

  • 第39回

    自分だけの、家族だけの『フォトグッズ』「使って、贈って、うれしい」新しい写真の楽しみ方

  • 第40回

    「守る」「快適」そして…「見える」!ウィンドウフィルムは縁の下の力持ち

  • 第41回

    撮って、すぐ出て、音も記録できる!新世代チェキ「instax mini LiPlay」が楽しい

  • 第42回

    エンジンを守り燃費向上にも貢献!「超分子」が実現した画期的なエンジンオイル用材料

  • 第43回

    快腸なら調教も快調!富士フイルムが競走馬の腸内環境をサポート


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る