ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

  1. Hydro Ag+ TOP
  2. 除菌あれこれコラム
  3. 子どものインフルエンザ感染を防ぐ7つの対策

除菌あれこれコラム

子育てママ施設

子どものインフルエンザ感染を防ぐ7つの対策

感染力の高いインフルエンザは、家族の誰かが発症すると、兄弟姉妹、さらにパパやママなど、家族みんなにうつってしまうことも。日頃から実践できる対策には、以下のようなものがあります。

1.ワクチンを接種する

ワクチンの効果は一般的に5カ月程度。流行するウイルスの型が毎年ちがうので、毎年予防接種するのが理想。接種後、ワクチンの効果がでるまでには2週間程度かかるので、遅くとも12月中旬までにはうけておくと安心。大人は1回、13歳未満は2回接種が必要です。予防接種してもインフルエンザにかかることはありますが、重症化を防ぐ効果が期待されています。

2.外出をひかえる

インフルエンザが流行してきたら、人混みへでかけるのはなるべく避けたほうが無難。国立感染症研究所の「インフルエンザ流行レベルマップ」などで、流行情報のこまめなチェックを。

3.マスクをする

インフルエンザの流行シーズンに人混みへでかける場合は、マスクをしておくと、飛沫感染を防ぐ効果が期待できます。感染の疑いがある人は、マスクをするのがエチケット。感染した家族の世話をする人もマスクをつけておくとよいでしょう。

4.部屋を加湿する

湿度が低いと、ウイルスの生存率が高く、気道粘膜の防御機能も低下してしまいます。加湿器などを使って、部屋の湿度を50~60%に保っておくとウイルスが早く死滅するし、気道粘膜にも良いです。

5.規則正しい生活とバランスのよい食事

早寝早起きの習慣をつけて十分に睡眠をとり、バランスのよい食事をとることは、免疫力アップにつながります。

6.手洗い

外から帰ったときは、手洗いを必ずするようにします。手洗いは必要に応じて親がサポート。とくに、指の間や指先、手首など洗い残しの多い場所は念入りに。ねんねの赤ちゃんなら、ぬらしたタオルなどで手や顔を拭いてあげてください。

7.インフルエンザウイルスを除菌

除菌を徹底すれば、インフルエンザにかかるリスクを減らすことができます。自宅はもちろん、幼稚園や保育園、小学校、学童保育なども、普段から除菌効果のあるスプレーやクロスを使って掃除をするのがおすすめです。 家庭や園・学校内にインフルエンザ患者がでた場合、目には見えなくても、インフルエンザウイルスは必ず存在しています。患者が触ったり、咳やくしゃみをしたりした場所は、除菌効果のあるスプレーやクロスで隅々まで拭いて除菌をすることが必要です。トイレや洗面所は意外に忘れがちな場所なので注意。持続効果のある除菌スプレーを使えば、より感染リスクをおさえられます。

関連コラム

Hydro Ag+アルコールスプレー・アルコールシート(クロス) 忙しいママ必見 圧倒的抗菌力で家族を感染症から守る 1か月以上キレイが続く!Hydro Ag+アルコールスプレー・アルコールシート(クロス)

コラム一覧はこちら

  • ネットで購入

ページトップへ戻る

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る