ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

  1. Hydro Ag+ TOP
  2. くらしの向上プロジェクト
  3. 水虫の予防対策って、できないんですか?お風呂でうつるリスクは?

\菌・ウイルスを撃退して、健康で清潔な生活をしよう/銀のチカラで、くらしが変わる!知ればできる!知って得する!くらしの向上プロジェクト

メディカル事業を手掛けている富士フイルム。知っているようで、実は知らない菌やウイルスについて、担当者とあれこれお話をしながら、正しく理解し、健康で清潔な生活をする「くらし向上プロジェクト」です。

今月のテーマ 水虫の予防対策って、できないんですか?お風呂でうつるリスクは?

メンバー紹介_pc メンバー紹介_sp

いやー、今日も蒸し暑いですね。

はらさん、いつもスーツですもんね。

こう暑いと、靴の中も蒸れてイヤなんですよ。

あぁ、わかります。女性もストッキングだとかなり蒸れるんですよ。そういえば私の父も営業職で「一日中、革靴で歩き回るのですごく蒸れる」っていってました。それが原因なのか、水虫がひどくて…。

そういえば、この前テレビで「日本人の5人に1人が水虫」っていってましたよ。

20%ってかなり多くないですか!?自覚症状がない人も多そうですね…。

■水虫の原因や症状は?5人に1人が悩む水虫とは

水虫は本当になりたくないですよね。私はなるべくサンダルなど、蒸れにくい履物を履くように心がけています。やっぱり靴の中が蒸れていると水虫のリスクも高まりますし、ニオイも気になりますから。

そもそも水虫の原因ってなんですか?

水虫は、白癬菌(はくせんきん)というカビの一種が皮膚に入り込んで起こる病気です。足以外に手などにも感染します。症状もいろいろあって、皮膚がジュクジュクするものもあれば、カサカサになるものもあるし、爪の中に侵入してしまうこともあります。

えー、そんなに種類があるんですか!冬は乾燥して足のかかとのカサつきが気になる女性も多いですけど、実は乾燥じゃなくて水虫だったりして!?

ありえないことじゃないですよ。かゆくない水虫もありますし、見た目で判断するのが難しいこともあります。

そういえば昔は「水虫の治療薬を発見したらノーベル賞もの」なんていわれてましたよね。

いまは治る可能性が高い病気ですよ。水虫は皮膚科など病院で、塗り薬や飲み薬をもらって治療します。ただ、自覚症状がなければ病院にも行かないので、水虫と知らずに放置している人も多いかもしれませんね。

■水虫はどこでうつる?温泉やスポーツジムのお風呂上がりに注意

水虫ってどこでうつるんですか?僕、銭湯やスポーツジムの足ふきマットはなんとなくイヤで、横に出るようにして避けているんですけど。

白癬菌はいろいろな場所にいますが、不特定多数の人が使う温泉やスポーツジムの足ふきマットには、必ずいると思っていいでしょうね。

そうなんですか!?

白癬菌は濡れたマットのようなジメジメしたところで増殖しやすいですし、足ふきマットには皮膚など菌の栄養となるものもありますから。実は私も、ゴルフのあとのお風呂では、足ふきマットをピョンとまたいじゃってます。

へえ、2人とも結構気にしてるんですね。

僕は体を拭いたら、まず靴下を履いちゃいます。なんとなく素足でいるのがイヤで…。

それは徹底してますね。ただ、足ふきマット以外の場所にも白癬菌がいる可能性はあるので、靴下を履くまでのあいだに足に白癬菌がつくこともありそうですけどね。

う、たしかに…。

裸足は足が蒸れないというメリットはありますが、菌が直接肌につくリスクは高まってしまいますね。

夏は「サンダル+裸足」が多いので、居酒屋の掘りごたつ式テーブルなんかも気になるんですよね。

病院や旅館のスリッパも、裸足だとちょっと抵抗感があるかも。

水虫は指と指のあいだにもよくできるので、旅館の下駄の鼻緒から水虫がうつることもありますよ。

■簡単にできる水虫対策!靴や靴下にアルコール除菌を

なんだか、ますます水虫の感染が怖くなってきました…。どうにかなりませんか?

白癬菌はいろいろな場所にいますが、菌がひとつ足裏についたからといって心配しなくて大丈夫。基本的に白癬菌が皮膚についても、皮膚内部に侵入する前に洗えばよいといわれています。24時間以内であれば、侵入するリスクはかなり低いです。ですから、銭湯の足ふきマットを使っても、帰宅後に足をちゃんと洗えば水虫のリスクはかなり軽減できますよ。

そうなんですね。ちょっと安心しました。

菌は脱衣所に限らず、どこにだっていますから、外出中に白癬菌が皮膚につくことはある程度やむをえないものとして、ついた菌を増殖させない対策が大事です。

帰宅後に足を洗う以外に、なにかできることはありますか?

白癬菌は温度や湿度が高いと増殖しやすいので、蒸れた靴は要注意。あらかじめ靴や靴下に持続効果のあるアルコール除菌スプレーをかけておくと、菌の増殖をおさえられ、水虫リスクを下げる効果が期待できます。

それなら簡単ですね。家族みんなの靴下と靴にスプレーしておきます!

ちなみに靴にアルコール除菌スプレーをするとニオイ対策にもなります。ニオイの原因は雑菌なので、ニオイが軽減するということは、白癬菌も含めて菌の繁殖がおさえられていると考えられますよ。

■家庭でも油断大敵!家族の水虫対策はどうする?

家族に水虫はいないと思っていても、隠れ水虫もいると考えると、家庭内でも油断できないですよね。

5人に1人が水虫ですからね…。

家庭内に水虫の人がいない場合でも、自宅のバスマットやトイレのスリッパなど、みんなで共有するものには定期的に持続効果のあるアルコール除菌スプレーをかけておくといいですよ。

やみくもに怖がるんじゃなくて、ちゃんと対策を知ることが大切ですね。早速自宅のバスマットやスリッパにもやっておきます!

私もやってみます。実家の父にも教えますね。ありがとうございました。

一覧へもどる

購入方法

Hydro Ag+
「Amazon」サイトで購入いただけます。

Hydro Ag+は「Amazon」サイトで購入いただけます

  • ネットで購入


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る