ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

動画撮影

4K動画撮影・10bit階調表現

写真だけでなく動画でも大型フォーマットのポテンシャルを発揮するGFX100では、最新センサーと「X-Proccessor 4」 の組合せにより4K/30Pに対応しています。一般的なシネマカメラよりも大型となるGFX100のセンサーフォーマットが、浅い被写界深度や10bit出力の階調再現性、高感度を実現。より高精細な質感に加え、そのフォーマットの大きさによる立体感、空気感など凝縮された映像表現を可能とします。また富士フイルムのシネマフィルムを再現した「ETERNA」をはじめ、すべてのフィルムシミュレーションにも対応しています。デジタルシネマアスペクト(17:9)やH.265/H.264の圧縮コーデックにも対応し、最大ビットレートも400Mbpsまで選択可能です。

動画記録フォーマット

対角55mmのラージフォーマットCMOSセンサーのGFX100はその魅力を動画でも発揮します。撮像面幅全体を16:9/17:9画角の4K・デジタルシネマフォーマット(DCI)で撮影可能。ラージフォーマットセンサー対応のシネマカメラよりも大きな面積で撮影ができ、大型センサーのみが実現できる様々な映像表現をGFレンズやアダプターを使用して高解像4K映像として残すことができます。

HDMI・SDカードへの同時出力

高速画像処理エンジン「X-Proccessor 4」が凝縮された映像データの読み出し、出力を実現します。HDMI経由では4K/30P 4:2:2 10bit、SDカードへの記録には最大400Mbps(*3)で4K/30P 4:2:0 10bitの出力(H.265/HEVC選択時)が可能です。All-Intra(*4)/Long-GOPなども選択可能。プロセッサーの処理能力の向上により、撮影時にカメラ本体の液晶画面だけでなく外部モニターでの同時映像確認、またレコーダーへの非圧縮データをそのまま記録することもできます。

F-Log/HLG サポート

広いダイナミックレンジのガンマカーブをもつF‐Log(エフログ)での収録、また国際標準規格(ITU-R BT.2100)のひとつであるHLG(ハイブリッドログガンマ)方式(*5)での動画撮影機能も搭載しています。10bitのビット深度が表現する色情報との組み合わせで、明暗差の大きいシーンや彩度が高い被写体においてリアリティのある高品位な映像を記録できます。

Notes

  • *1 コーデック、ビットレートは外部レコーダーによって変わります。
  • *2 フレームレート以下のシャッタースピードは選択できません。
  • *3 4K/29.97P、25P、24P、23.98Pで使用可能です。400Mbpsで収録する場合はビデオスピードクラス60以上のSDカードをご使用ください。
  • *4 H.265/HEVC選択時、かつ4K/29.97P、25P、24P、23.98P、FHD/59.94P、50P、29.97P、25P、24P、23.98Pで使用可能です。H.264選択時は使用できません。
  • *5 H.265(HEVC)選択時に使用可能です。HLG方式に対応したテレビやディスプレイでご鑑賞ください。

ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します



ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る