ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します
 
X Series

FUJIFILM X-H1

Share |

写真画質

X-Trans™(*1) CMOS III Sensor

豊かな表現を生み出す2430万画素のAPS-Cセンサー「X-Trans CMOS III」。非周期性の高いカラーフィルター配列により、光学ローパスフィルターなしでもモアレや偽色の発生を抑制。専用開発されたフジノンXFレンズとのコンビネーションで卓越した描写力を発揮。

X-Processor Pro

センサーの能力を最大限に引き出す「X-Processor Pro」。豊富な内蔵メモリや高い演算性能により撮影間隔・レリーズタイムラグ・AF・連写など、さまざまなパフォーマンスを高速・高精度化。また、縦位置パワー・ブースター・グリップVPB-XH1搭載の「BOOST」モードに対応し、さらなるハイパフォーマンス化を実現。

オートフォーカス

動く被写体への追従性が強化されたオートフォーカス。 測距点は91点(最大325点)。中央の横50%・縦75%の範囲の像面位相差AFエリアは高速・高精度を発揮。また像面位相差AFの低照度限界は従来の0.5EVから-1EVへと約1.5段分拡張し、最小絞りの範囲はF8からF11に。ズーミング中のAF-C性能も強化され、激しく被写体が動くスポーツシーンや、遠くにいる動物の毛並みなど微細なテクスチャを持つ被写体も高精度で捕捉。

AF-Cカスタム設定

被写体保持特性

速度変化特性

ゾーンエリア特性

AF-Cモード時の動体追従をより高精度にするために、3種のパラメータを調整してフォーカス特性の設定が可能。シーンに合わせてプリセットから選択するほかに、ユーザーカスタムにも対応。

SET 1 基本
SET 2 障害物に強い
SET 3 加速減速に強い
SET 4 急出現に強い
SET 5 激しい動きに強い
SET 6 ユーザーカスタム

AF操作系

クイック操作を可能にするフォーカスレバー

親指に近い位置に配置されたAF-ONボタン

人差し指は繊細なレリーズアクションに集中

フォーカスポイントをクイックに変更できる8方向の「フォーカスレバー」を搭載。ファインダーを覗いたままで直感的なフォーカスポイントの調整が可能(背面LCDモニターのタッチパネル操作でも可能)。また、右手親指の位置に「AF-ONボタン」を独立して配置。親指でフォーカスポイントの調整を行い、人差し指は繊細なレリーズアクションに集中させることができる。

Notes

  • *1 X-Transは富士フイルム株式会社の商標または登録商標です。
  • *2 パワー・ブースター・グリップ搭載の「BOOST」モード使用時
  • *3 電子シャッター使用時。 メカニカルシャッター使用時は最速11コマ/秒(パワー・ブースター・グリップ搭載の「BOOST」モード使用時)

ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します



ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る