ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

外装・デザイン

明るく高精細な電子ビューファインダー

ファインダー サイズ比較

ファインダー明るさ比較
左:従来のEVF
右:新EVF

電子ビューファインダーは、約236万ドット、倍率0.62倍(*1)のEVFを搭載。従来機よりも明るく高精細、一般的なエントリークラス一眼レフよりも高倍率となっています。表示タイムラグは0.005秒、表示フレームレート100fps(*2)の滑らかさで、被写体の動きやピント位置を高精度に把握できます。フィルムシミュレーションや露出設定などをリアルタイムで反映し、結果を確認しながらの撮影が可能です。

チルト式タッチパネル液晶モニター

背面液晶は、フラッグシップ機と同等のドット数を持つ、約104万ドット、3.0型、3:2アスペクトのチルト式タッチパネル液晶モニターを搭載。チルト式のため、ハイ&ローアングル撮影を可能とします。また、チルト式でありながら非可動時はすっきりと収納され、従来機よりもボディの厚みを薄くすることに成功しています。液晶モニターは撮影情報を完全OFFにすることもでき、被写体に集中した撮影にも対応します。

静電式タッチパネルディスプレイ

ファインダーを覗いたまま、タッチパネル操作でピント位置の調整が可能

静電式タッチパネルディスプレイを採用。撮影モード時には「タッチフォーカス」「フォーカスエリア選択」「タッチショット」「タッチファンクション」などが可能。フォーカスエリアの移動は従来よりも直感的かつ高速でおこなえるようになりました。再生モード時にはスワイプでのコマ送りなどがおこなえます。

8方向レバーによる操作系統

従来機には配置されていた十字キーを廃止し、指の置き場を広く確保するとともに、Xシリーズで好評を得ている8方向レバーに操作系統を集約。これにより、小型ボディであってもゆとりのあるグリップ性をを可能とし、誤操作の危険性を軽減させています。同時にグリップの突起量も増やし握りやすさを高めています。

Notes

  • *1 35mm判換算50mmレンズ、無望遠、視度 -1m-1の時。
  • *2 BOOSTモード時

ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します



ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る