ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

 
XF レンズ

フジノンレンズ XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR

幅広い撮影領域に対応する高倍率ズームレンズ

広角27mm(*1)から望遠206mm(*1)までの幅広い撮影領域をカバー

  • 風景や建築物の撮影で多用される、遠近感に富んだ描写に優れる広角の領域(27mm(*1))、ナチュラルで見たままの雰囲気を写しとる標準画角の領域(35mm(*1)、40mm(*1)、50mm(*1))、そしてポートレートやスポーツ撮影など被写体を強調して撮影する望遠画角の領域(85mm(*1)、135mm(*1)、200mm(*1))まで、本レンズ1本で使用頻度の高い画角に対応。7.5倍のズーム比を実現し、様々なシーンや多くの被写体の撮影に最適です。
  • 広角端から望遠端まで、シャープでコントラスト豊かな高い描写性能を実現するために、高性能硝材を使った4枚の非球面レンズと2枚の異常分散レンズを採用。また、レンズの全面に、99.8%の高い透過性と0.2%の低い反射率を誇る多層膜コート「HT-EBC(High Transmittance Electron Beam Coating)」を施し、逆光下に発生しやすいフレアやゴーストを効果的に低減させます。幅広いズーム域を活かした構図づくりやアングル選びの自由度がより一層高まります。

高速かつ静かなオートフォーカスの実現

  • フォーカシングシステムには、高速AFを実現するインナーフォーカス方式(*2)を採用。フォーカスレンズの軽量化と、リニアモーターの搭載により最速0.10秒(*3)の高速AFを実現しました。位相差AFに対応した「Xシリーズ」ボディ(*4)と本レンズを組み合わせることで、高速なAFで快適に撮影いただけます。
  • フォーカスレンズをダイレクトに駆動するリニアモーター技術は静音性にも優れており、動画撮影時にレンズの駆動により発生する作動音の低減にも高い効果を発揮します。

世界最高5.0段(*5)の手ブレ補正効果

  • 歩行や呼吸により生じる低周波数帯域の動きを感知する性能を向上させ、感知された信号からブレを正確に検出するアルゴリズムを開発。手ブレの発生しやすい低速シャッター域でのブレ補正効果が従来比(*6)2倍向上しました。また、静止画・動画撮影それぞれに最適な手ブレ補正アルゴリズムを搭載したことで、三脚を使わずに高画質な撮影ができ、身軽な撮影をサポートします。
  • 新しく採用された高精度ジャイロセンサーには、高周波から低周波まで幅広い帯域の動きを感知するクオーツ式振動子(*7)を搭載しています。

防塵防滴構造

  • 20ヶ所にもわたるシーリングを鏡筒の各部に施すことで防塵防滴構造を実現。防塵防滴構造のプレミアムミラーレスカメラ「FUJIFILM X-T1」や縦位置バッテリーグリップ「VG-XT1」との組み合わせで、システム全体で防塵・防滴性能を確保しています。
  • ズーム操作時の快適性を高めるために、鏡筒内や鏡筒下部にベンチレーター(*8)を配置。防塵防滴のための高い気密性を確保しながら、快適な操作を実現しています。

携行性に優れた軽量・コンパクト設計

  • 幅広い撮影領域、手ブレ補正機能、防塵防滴構造などの特長を持ちながら、質量わずか490gを実現。「FUJIFILM X-T1」と組み合わせても約930gと軽量です。撮影者の行動範囲を拡大し、より多くのシャッターチャンスへとつなげます。
  • 一般的に使用される球面レンズ数枚分の性能を1枚で発揮する高性能な非球面レンズを4枚採用し、使い勝手の良いサイズ、カメラを構えた際にバランス良く保持できる光学全長(*9)を実現。軽快な撮影スタイルをお楽しみいただけます。

Notes

  • このページに掲載している画像は、当社検証に基づくイメージです。
  • *1 35mm判換算。
  • *2 比較的大きいレンズで構成される前部は動かさずに、中間部あるいは後部の比較的小さなレンズを動かす方式。
  • *3 CIPA(カメラ映像機器工業会)ガイドライン準拠、内部測定方法、ハイパフォーマンスモード時。「FUJIFILM X-T1」、「FUJIFILM X-E2」との組み合わせにおいて。
  • *4 平成26年5月現在、「FUJIFILM X-T1」「FUJIFILM X-E2」が対応。
  • *5 平成26年6月16日現在、CIPA規格準拠の手ブレ補正効果として世界最高5.0段を実現。当社調べ。望遠端にて測定。
  • *6 「フジノンレンズ XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS」と比較して。
  • *7 水晶が持つ高い安定性を利用した圧電振動子。
  • *8 通風のための装置。
  • *9 光学系で一番前に位置するレンズから、ピント面(センサー面)までの距離。

ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します



ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る