ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


ファームウエア変更履歴(バージョン3.10以前)

 

ファームウエア修正内容

Ver3.00からVer3.10への変更内容
  1. X-E2に装着した際に位相差AFが有効になります。
  2. X-E2に装着した際に点像復復元処理機能が使用可能になります。
Ver.2.02からVer.3.00への変更内容
  1. オートフォーカス速度の向上
    新アルゴリズムを搭載したことにより、撮影距離範囲全域において、AF時のピント位置検出がより高速化されます。
Ver.2.01からVer.2.02への変更内容
  1. さまざまなシーンでのオートフォーカス精度を高めました。
<ご注意>

X-Pro1・X-E1で改善効果を確実に満たすにはXFレンズのファームウエアと合わせてお手持ちのカメラ本体のファームウエアの更新が必要です。X-Pro1ではVer 2.03以降、X-E1ではVer1.04以降に更新してください。

Ver.2.00からVer.2.01への変更内容
  1. マニュアルフォーカス時にAE-L/AF-Lボタンを押すオートフォーカス操作(ワンプッシュAF)の精度を高めました。
Ver.1.01からVer.2.00への変更内容
  1. オートフォーカス性能の向上
    (1)オートフォーカスを高速化
    (2)マクロ撮影時のフォーカス性能向上
  2. マニュアルフォーカス機能の向上
    (1)操作性の向上
    (2)アシスト機能(画像拡大)に、「倍率3倍」を新たに追加
  3. 書き込みスピード・処理スピードの向上
    (1)カードへの書き込みスピード向上
    (2)撮影後の再生スピードを改善
  4. その他機能
    詳細はX-Pro1 のファームウエア(カメラ内部のソフトウエア)の更新 バージョン 2.00の項目を参照ください。
<ご注意>

X-Pro1でこれら改善点の効果を確実に満たすにはXFレンズのファームウエアと合わせてお手持ちのカメラ本体のファームウエアの更新が必要です。
カメラ本体のファームウエア更新を行ったあとにXFレンズのファームウエアを更新ください。

  • ※ レンズのファームウエア更新を先にこころみると「バージョンアップ用ファイルがありません」と表示され更新できません。

X-E1でご使用いただく場合にもXFレンズのファームウエアの更新が必要です。

  • ※ バージョン1.01以前のレンズを装着して電源を入れると必ず「レンズのファームウエアを更新ください」と表示されます。
Ver.1.00からVer.1.01への変更内容
  1. 撮影時の絞り羽根動作音を改善
  2. マニュアルフォーカス時に光学ファインダー[OVF]のブライトフレームのパララックス補正が動作するようにしました。
  3. パワーセーブモード時に、シャッター半押しで光学ファインダー[OVF]が明るくなり見にくくなる現象を改善
  4. 連写したコマを再生し、削除する際に削除ボタンが効かなくなる現象を修正

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る