ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


FUJIFILM X Acquire Ver.1.13.0 インストールソフトウエア(Mac版) 

 

概要

平素は富士フイルム製品をご愛用いただき、誠にありがとうございます。
以下の説明をご覧いただき、インストールをお願いいたします。

本ソフトウエアは、FUJIFILM X Acquireをパソコンにインストールする時に使用するソフトウエアです。FUJIFILM X Acquireを使うと、USBケーブルで接続したカメラで撮影した画像を直接コンピューターに転送・保存することができます。

【ご注意】

  • ブラウザの表示を更新してから、ダウンロードを行なってください。
    *Mac(Safari/Google Chrome)の場合は「Command」キーと「R」キーを同時に押します。
    *Mac(FireFox)の場合は「Command」キー・「Shift」キー・「R」キーの3つを同時に押します。

対象製品

FUJIFILM X Acquire

対応カメラ

「FUJIFILM X Acquire」は、下記のカメラに対応しています。カメラのファームウエアが対応以前の場合はアップデートを行ってください。

ソフトウエアの変更内容

バージョン1.13.0

このバージョンへの更新により、次のように改善されます。
※最新のソフトウエアに更新することで、過去に更新した内容も追加・変更されます。

Ver.1.11からVer.1.13.0への変更内容
  1. macOS Mojaveに対応しました。
    macOS MojaveのPCをお使いの方はVer.1.13.0をインストールしてご使用ください。
Ver.1.9からVer.1.10への変更内容
  1. ソフトウエアで指定した画像転送タイプにかかわらず、JPG+RAWの両画像が転送されてしまう現象を修正しました。
  2. ソフトウエアで指定した転送画像タイプ(JPEGもしくはRAW)が、カメラの撮影メニューの画質モードで選択されていない場合に、案内メッセージを表示するようにしました。
    例)ソフトウエアで「JPEG」のみの転送を指定しているにもかかわらず、カメラの撮影メニューの画質モードが「RAW」で選択されている場合、「画像が転送されません。カメラの画質モード設定を確認して下さい」が表示される。
Ver.1.7.1からVer.1.9への変更内容
  1. 「RAW FILE CONVERTER EX2.0」との連携対応
    連携するソフトウエアとして「RAW FILE CONVERTER EX2.0」が指定できるようになりました。画像を取得した際に、自動で「RAW FILE CONVERTER EX2.0」ソフトウエアで閲覧が行えます。また、RAWデータを取得した場合は、お好みの現像設定でプレビューが行えます。
    ※連携機能をご使用する場合は、予め「FUJIFILM X Acquire」の設定で連携するソフトウエアとして「RAW FILE CONVERTER EX2.0」を指定しておく必要があります。
    ※連携機能は「RAW FILE CONVERTER EX2.0」のVer.4.3.0.0以降より対応しています。下記よりダウンロードしてご使用ください。
Ver.1.7.0からVer.1.7.1への変更内容
  1. FUJIFILM X-H1の接続に対応しました。
    カメラを接続すると以下の機能がご使用になれます。
    ・PC撮影機能にユーザー設定バックアップ/リストア機能
    ・USB/無線接続によるPC撮影(テザー撮影)
Ver.1.6からVer.1.7への変更内容
  1. ユーザー設定バックアップ/リストア機能を追加
    X Acquireをご使用のとき、カメラのすべての設定をファイルにバックアップ保存したり、保存した設定をカメラにリストアしたりすることができます。また、カメラの設定を瞬時に切り替えたり、同じ設定を複数のカメラにコピーしたりすることもできます。接続するカメラのファームウエアは、以下より対応しています。対応以前の場合はファームウエアの更新を行ってください。 ※日付、カスタムホワイトバランス結果およびカスタム登録/編集の設定内容を除くカメラ設定をバックアップ、リストアすることが可能です。
  2. macOS High Sierraに対応しました。
Ver.1.4からVer.1.6への変更内容
  1. 無線通信によるPCリモート撮影に対応しました。(GFX50S、X-T2のみ対応)
    接続するカメラのファームウエアは、GFX 50S:Ver.1.10、X-T2:Ver.2.10より対応しています。対応以前の場合はファームウエアの更新を行ってください。

ソフトウエアのインストール

インストール方法

  1. 「XAcquireIns1130.dmg」をダウンロードします。
    ・「XAcquireIns1130.dmg」のダウンロードは、本ページ最下段の「使用許諾契約書」をお読みいただき[同意する(ダウンロードページへ)]を押すと、次のダウンロードページに進んでダウンロードすることが出来ます。
    ・ダウンロードするソフトの保存方法が判らない方は、下記の手順をご覧ください。
  2. ダウンロードしたファイル「XAcquireIns1130.dmg」をダブルクリックすると、ボリュームがマウントされボリュームが表示されます。
  3. FUJIFILM X Acquireのアイコンをアプリケーションフォルダにドロップしてください。
  4. 初めて起動した際は転送画像の保存先を指定するウインドウが表示されますので保存先を指定してください。
【ご注意】
  • インストールを行なう前に、他の起動中のアプリケーションソフトは全て終了してください。

ソフトウエアの使い方

「FUJIFILM X Acquire」の使い方は以下を参照ください。

動作環境

OS(*1) Mac OS X 10.7、 10.8、10.9、10.10、10.11、macOS 10.12、10.13、macOS Mojave
CPU Intel Pentium互換プロセッサ(Core 2 Quad以上推奨)
メモリ 2GB以上推奨

インストールソフトウエアのダウンロード

使用許諾契約書をお読みいただき、[同意する(ダウンロードページへ)]を押した上でダウンロードページに進んでください。

使用許諾契約書

本ソフトウエアをご使用になる前に、下記の条件をよくお読みください。ダウンロードを開始された時点で、下記使用条件に同意されたものとさせていただきます。 本ソフトウエアの再配布はできません。ダウンロードされた方が所有または管理するパソコンに限り使用できます。

本ソフトウエアのユーザーは、本ソフトウエアの全部または一部を修正、改変、リバースエンジニア、逆コンパイルまたは逆アセンブルなどをすることはできません。
富士フイルムは、本ソフトウエアの使用に付随または関連して生じる直接的または間接的な損失、損害などについて、いかなる場合においても一切の責任を負いません。

注意事項

本ソフトウエアの仕様は、将来予告なしに変更することがありますのでご了承ください。


  • ※「同意しない」を押した場合、ダウンロードの一覧ページに戻ります。

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る