ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

MapViewerの使い方

 

MapViewerの使い方の流れ

はじめに

  • MyFinePix StudioのMapViewerは、FUJIFILM社製GPS機能搭載カメラで撮影した画像や移動の軌跡を地図(*1)上に表示することができます。
  • 表示されている画像、移動の軌跡、地図の状態を思い出として保存し、あとで呼び出すことができます。
  • 位置情報付きの画像を撮影するには、カメラのセットアップメニューの「測位」から「常時ON」または「電源ON時のみ」を選んでください。
  • 移動の軌跡を記録するには、カメラのセットアップメニューの「移動軌跡」から「ON」を選んでください。GPS衛星から受信した位置情報を、移動軌跡ファイルとして定期的にメモリーカードに記録します。
  • 移動軌跡ファイルは、設定を「OFF」から「ON」へ切り換えたとき、または「ON」にしたまま24時間経過したときに、新しく作成されます。
  • 撮影後、MyFinePix Studioでパソコンに画像を取り込んでください。画像とともに位置情報や移動軌跡が取り込まれます。
  • *1 地図はGoogle Mapsから提供されています。

<ご注意>

  • ※ 本機能のご利用にはインターネット環境が必要です。
  • ※ 本機能は、FUJIFILM社製のカメラのみに対応しています。

MapViewerの起動方法

  • MyFinePix Studioに取り込んだ位置情報付き画像(A)と移動軌跡ファイル(B)は、マイライブラリのイベントに取り込まれます。
  • [図]アイコン アイコンが付いているファイルには、位置情報があります。
  • 移動軌跡ファイル(B)は、実際の移動の形が表示されます。

[図]MapViewerの起動方法

(1)フォルダのマイライブラリを選択してください。

(2)表示したいイベントをクリックしてください。

(3)MapViewerアイコンをクリックしてください。MapViewerが起動し、地図が表示されます。

  • ※ イベントは自由に作成・削除することができます。また、作成したイベントへ画像を追加・削除することもできます。
  • ※ 選択したイベント内のすべての移動軌跡と画像がMapViewerで表示されます。
  • ※ 地図に表示したい移動軌跡と画像だけを選択して、MapViewerで表示することもできます。

MapViewerの使い方

[図]MapViewerの使い方

(1)全経路を表示する

すべての画像と移動軌跡を結ぶ経路を表示します。

(2)移動軌跡ボタン

地図上に表示する移動軌跡を選択します。最初は一番上の移動軌跡が地図上に表示されます。
移動軌跡ボタンは、移動軌跡ファイルごとに表示されます。

(3)画像一覧

クリックして地図上に表示する画像を選択します。もう一度クリックすると選択が解除されます。
MapViewerを表示すると、最初は30枚まで撮影日時が古い順に選択されます。

(4)すべて解除ボタン

画像一覧のすべての選択を解除します。

(5)すべて選択ボタン

画像一覧のすべての画像を選択します。

(6)Google Maps

地図の縮尺を変更したり移動したりすることができます。

(7)地図上の画像

ダブルクリックすると画像が画面一杯に表示されます。影方向の情報がある画像は、撮影方向アイコンが表示されます。

(8)ヘルプボタン

このヘルプを表示します。

(9)保存ボタン

表示されている画像、移動軌跡、地図の状態を保存します。保存先とファイル名を指定できます。

(10)読み込みボタン

(9)で保存したファイルを読み込みます。保存された状態で画像、移動軌跡、地図が表示されます。

(11)閉じるボタン

MapViewerを終了します。


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る