ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


X-S1 のファームウエア(カメラ内部のソフトウエア)の更新

 

概要

対象製品

X-S1

ファームウエア修正内容

バージョン1.01

このバージョンへの更新により、次のように改善されます。

Ver.1.00からVer.1.01への変更内容
  1. 顔追尾AF機能により、顔キレイナビの追尾性能を向上ました。
    また、動画中にも顔検出を行い検出した顔に対してピントを合わせられるようにしました。
  2. EXRAUTOモード時にブルーミング(高輝度の輝点が丸く膨れて見える現象)の発生を低減させるよう改善しました。
  3. カメラをPCに接続して使用する際にMacOS10.7に対応しました。
    また、付属のRAW現像ソフトについてMacOS10.7で動作することを確認しました。
  4. AF合焦音のON/OFFを、シャッター音量連動ではなく、操作音量連動に変更しました。
  5. 日本仕向けにおいて言語設定画面の言語表示数を35言語に増やしました。
  6. 特定の画質設定を行った際に高輝度部分が黒くつぶれる現象を改善しました。
  7. マクロ、フラッシュ撮影時に反射部分が緑色になる現象を軽減しました。

ファームウエア更新の作業の流れ(番号の順に行います)

手順の概要

ファームウエアをダウンロードし、SDメモリーカード(以下メモリーカードと記載します)に記録します。そのメモリーカードを挿入したデジタルカメラを操作して、デジタルカメラ(以下カメラと記載します)のファームウエア更新を行います。

ファームウエアをメモリーカードに記録するには、パソコンからお手持ちのカードリーダーを使って記録してください。

  • ※ 更新手続きをご自身で行えない方のために、当社サービスステーションにてファームウエアの更新手続きを実施させていただきます。詳しくは下記をご参照ください。

[図]ファームウエア更新の作業の流れ

手順の説明

1) ファームウエアバージョンを確認します。

バージョンの確認は、メモリーカードがカメラ内にある状態でないと確認ができませんので、ご注意ください。

  • お手持ちのカメラの「DISP/BACK」ボタンを押したままカメラの電源を入れてファームウエアのバージョンを確認します。(以下の図ではバージョン1.00です)

    今後の説明ではファームウエアの更新前をバージョン1.00、更新後の新しいバージョンを1.10として説明します。
  • バージョンが確認できたら、「MENU/OK」ボタンを押した後、カメラの電源を切ってください。

2)フォーマット済みのメモリーカードを用意する。

ファームウエアの更新を行なうためには、フォーマット済みのメモリーカードが必要となります。
使用説明書をご参照いただき、「セットアップ」メニューの中の「フォーマット」を実行してメモリーカードのフォーマットを行なってください。
なお、メモリーカードをフォーマットすると、プロテクトされているファイルを含む全てのファイルを消去しますので、消去したくない重要なファイルは、パソコンに必ずコピーしてください。

3)ファームウエアをメモリーカードに記録する。

  1. カメラでフォーマットしたメモリーカードをお持ちのカードリーダーにセットしてください。
  2. 下記の「ファームウエアのダウンロード」から当カメラ用ファームウエア「FPUPDATE.DAT」のみをダウンロードしてください。
  3. ダウンロードした「FPUPDATE.DAT」をメモリーカードにコピーします。
  4. コピーが終了しましたら、カードリーダーからメモリーカードを取り出し、カメラに入れてください。

4) ファームウエアが書かれたメモリーカードをカメラに挿入しファームウエア更新作業をする。

<<ファームウエア更新作業のご注意>>

ファームウエアの更新に失敗すると、カメラが正常に動作しなくなる場合があります。以下の2点を必ず守ってください。

  • ファームウエアの更新作業には、十分に充電したバッテリーをご使用ください。万一、ファームウエア書き換え中にカメラの電源が切れると、カメラが動作できない状態に陥ります。
  • ファームウエアの更新時間は、ファームウェアの容量によって変わります。約90秒が目安です。更新中は、絶対に電源を切ったり、カメラを操作したりしないでください。
  • ※ ファームウエア更新後は、更新前のバージョンには戻すことができません。
  • ※ ファームウエアの更新(バージョンアップ)を実施すると、カメラの設定値は工場出荷設定に戻ります。
■カメラ電源をONし、バージョンアップを行ないます。
  1. 「DISP/BACK」ボタンを押したまま、カメラの電源を入れると、以下の画面(更新前のバージョンが1.00の場合の例です)が表示されますので、「MENU/OK」ボタンを押してください。

  2. 以下の画面に従い、ファームウエア更新を実施してください。

■一度電源を切り、再度「DISP/BACK」ボタンを押しながら電源を入れて、ファームウエアのバージョンを確認して更新作業は終了です。(ここでは新しいファームウエアのバージョンを1.10として説明しています)

ファームウエア更新に使用したメモリーカードは、フォーマット(初期化)してから撮影にご使用ください。

ファームウエアのダウンロード

使用許諾契約書をお読みいただき、「同意する」を押した上でダウンロードページに進んでください。

使用許諾契約書

下記はお客さまが「ファームウエア更新ファイルのダウンロード」をしていただく際にご同意いただきたい事項です。この内容を十分ご理解いただき、「ファームウエア更新ファイルのダウンロード」をされる場合は、下の[同意する]をクリックしてください。
この内容に同意いただけない場合は、下の[同意しない]をクリックしてください。この場合は、当社サービスステーションにてファームウエアの更新を実施させていただきます。
詳しくは下記をご参照ください。

本ソフトウエアをご使用になる前に、下記の条件をよくお読みください。ダウンロードを開始された時点で、下記使用条件に同意されたものとさせていただきます。

  1. 本ソフトウエアの著作権は富士フイルム株式会社(以下富士フイルムといいます)に帰属します。
  2. 本ソフトウエアのユーザーは、本ソフトウエアの全部または一部を修正、改変、リバースエンジニア、 逆コンパイルまたは逆アセンブルなどをすることはできません。
  3. 富士フイルムは、本ソフトウエアの使用に付随または関連して生じる直接的または間接的な損失、損害などについて、いかなる場合においても一切の責任を負いません。

注意事項

  • 本ソフトウエアの仕様は、将来予告なしに変更することがありますのでご了承ください。
  • ファームウエアの更新(バージョンアップ)を実施すると、カメラの設定値は工場出荷設定に戻ります。

  • ※「同意しない」を押した場合、ダウンロードの一覧ページに戻ります。
ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る